あんず薬局の取扱商品

営業案内

営業時間/10:00~18:00

定休日/日曜、第2土曜、祝日

  •  
  • 体質チェック
  • 健康機器測定
201607011429451971.jpg
 

なんとな~く二十四節気な健康情報あれこれ

 
フォーム
 
教えて~!薬剤師さん(3)「マスクと熱中症のリスク」
2020-06-29
梅雨入り前後から蒸し暑い日本の夏が始まり、新型コロナ感染予防とマスク着用の両立について、毎日のように話題に上るようになりました。
7月、8月は1年の中で、最も熱中症の発生件数が多い時期です。
特に今年は新型コロナ感染予防のために、長時間マスクを着用する機会が多くなるため、熱中症対策が今まで以上に必要になります。
そこで今回は、「夏場にマスクを着用することによる熱中症リスクの増加」についてお話しします。
 
◆夏場にもマスクを着用するメリット、デメリット
 
マスクをすることで、咳、くしゃみ、会話などで飛沫をまき散らすことの防止になり、また、飛沫の着いた手で、鼻や口を触ることによる感染の危険を減らすことにもなり、新型コロナウイルス感染予防として役立っています。
現在は、さまざまな施設への入場に際しては、マスク着用が半ば義務化されている状態にあります。
新型コロナウイルス流行以前から、マスクは、冬の低温で乾燥する時期に着用する場合は、鼻や咽喉の保温や保湿をすることで気道の粘膜上皮細胞を元気に働かせ、風邪やインフルエンザなどから身体を守るとして活用されてきました。
その意味では、夏の高温多湿の時期でのマスク着用のメリットは半減します。
それどころか、咽喉を加湿するために渇きを感じにくくなることや、マスクの着け外しが煩わしくなりこまめに水分を摂るタイミングを逃しやすくなることから、脱水症状から熱中症に陥る危険が生じるおそれがあります。
特に、身体の水分量が少ないために汗をかきにくく体温調節機能が弱い高齢者や、活動量が多く熱を産生しやすい子どもは注意が必要です。
また、日本小児科医会では、2歳未満にはマスクは危険と呼びかけています。
これは、呼吸は酸素を取り入れ、二酸化炭素を出すことのほかに、体温調整もしていますが、2歳まではまだその部分が未発達だからです。
 
◆マスク着用で熱中症をおこすわけ
 
人の身体は生きている限り、熱を産生し続けます。
そして、体内の熱量が高まると熱を体外に逃がし、体温を一定に保つように調節するしくみを持っています。
その方法にはいくつかのルートがあります。
1つ目は、体の表面の血管を広げて血流量を増やし、熱を運んでいる血液を介して体外に放熱するルートです。
2つ目は、発汗により体表の熱を気化熱として放出するルートです。
この2つは体にとって大きな放熱ルートになります。
その他に、皮膚からの放熱、呼吸の吐く息に乗せる放熱など、自然に熱と水分が蒸発する不感蒸発とよばれるルートがあります。
マスクをしていると呼気がこもってしまうため、呼吸による不感蒸発を妨げること、呼気がこもって内部に二酸化炭素が増えること、湿気がこもって渇きを感じにくくなること、顔の表面が他の部分より約3℃程熱が高くなることなどにより、熱中症を発症するリスクが増加する恐れがあるのです。
そこで、熱中症予防のために、感染の危険性が少ないところ、例えば、戸外で人の少ないところや十分に距離を保てるところでは、マスクを外して新鮮な空気を深く吸いましょう。
ただし、くれぐれも、消毒や手洗いをしていない手で顔を触らないように注意します。
また、自宅では家族の状況に合わせて、マスクを外して熱中症にならないようにしましょう。
そのためにも帰宅時の手洗いの励行など、外部からウイルスを持ち込まないことを心掛けると共に、室内換気に十分に配慮することが大切です。
現在、既設のエアコンで換気機能を持ったものは少なく、空気清浄機でウイルス除去機能をうたっていてもその検証報告は出ていません。(消費者庁から注意喚起が出ています)
あくまでも、外気を取り込んでの換気をしましょう。
 
  *  *  *  *  *
 
◆熱中症はきちんと対策し、適切な対応をしていれば防止できるといわれています。
 
毎年夏になると、熱中症で搬送されたり命を落としたりというニュースが報道されます。
総務省消防庁の統計によると、5月~9月に全国で熱中症で搬送された人数は、2019年は71,317人、6月中に梅雨明けした2018年は95,137人でした。
ちなみに現時点での日本国内での新型コロナウイルス感染者数は、累計18,390(6月28日0:00現在)人です。
熱中症とは、高温多湿の環境下で汗をうまくかけなかったり、過剰な運動などで、体内で熱を産生しすぎたときや、脱水などで、熱が血流によって十分に体表に運べなかったりして、熱が体内に籠ることにより起きる障害のことです。
初期症状は、手足のしびれ、筋肉の痛み、こむら返り、眩暈、立ち眩みなどの他、頭痛や吐き気などが見られます。
症状が進行すると、痙攣や失神あるいは死亡する危険も報告されており、決して甘く見てはならない病態です。
環境面では、適切なエアコンの使用などにより、温度や湿度を調整することや風の流れを作ること、また遮光カーテンなどで室内に差し込む陽光を調節する工夫などを行います。
生活面では、こまめな水分補給、旬の夏野菜や果物をとりいれたバランスの良い食事の工夫、十分な睡眠をとることが大切です。
ただし、水分補給とはいっても水や清涼飲料などの暴飲は、かえって体調を崩すもとになるので注意しましょう。
 
〈脱水症状の予防のための経口補水液の作り方〉
・湯冷まし 1リットル
・塩 1~2グラム
・砂糖 20~40グラム
 ▼これらを混ぜる。
 ▼好みによりレモン汁などを加える。
*持病があり、糖分や塩分を制限しなくてはいけない方は、医師の指示に従った補水をしてください。
 
漢方では、体温を調節する力や汗をしっかりかく力は「気」の力としてとらえます。
気を高めることを「補気」といいます。
身体の水分量を上げることは「補陰」といい、この「補気」と「補陰」が熱中症を予防するための基本となります。
夏に活躍する代表的な漢方薬に「生脈散」「清暑益気湯」、健康補助食品では「西洋人参」があります。
これらは、「補気」「補陰」のために使われ、日本の蒸し暑い夏を元気で過ごすための心強い味方です。
 
参考資料:
厚生労働省
令和元年度 職場における熱中症予防に関する講演会資料
 
親子で楽しむ「おうちの近くの雑草探検」(1)
2020-06-18
関東地方も梅雨入りして、一週間ほどが経ちました。
お散歩をしていると、道端や空き地にいろいろな草が目に入ります。
季節を感じたり、新たな発見があったりします。
お子さんと一緒にお散歩しながら、その時々に咲いている雑草、生えてきた雑草に注目して、調べたり、活用したりしてみるのも楽しいものです。
 
5月の下旬からぽつりぽつりと咲きはじめ、梅雨入り前後のこの頃、今を盛りと咲いているドクダミ。
深い緑色や、ちょっと赤茶色が入っている葉っぱに真っ白な十文字の花。
ほんとうは、白いのは花びらではなくて総苞片(そうほうへん)という、つぼみを包んでいた葉っぱです。
ドクダミの花は、先っちょに突き出た黄色いところのぽつぽつとした小さなものです。
たくさんの花が集まっています。
 
ドクダミは身近にある草で、昔から民間薬として大活躍してきました。
だれでもすぐ使えることから、葉っぱを乾燥させてお茶として飲んで、利尿、通便、毒下しなどに使われてきました。
もちろん、健康茶として飲むこともできます。
現在も、生薬(しょうやく:漢方薬の原料になります)として、日本薬局方に十薬(じゅうやく)の名前で載っています。十の効能があるので、その名前がついたといわれています。解毒薬、排膿薬として湿疹、蓄膿症などに用いられます。
 
ドクダミは、葉っぱも茎も独特のにおいがあります。
臭くて苦手と感じる人も多いかもしれません。
でも、干して乾燥させると、においは揮発して、おいしいドクダミ茶になります。
花の咲く直前~半夏生(7/2)のころまでのドクダミが良いとされています。
お子さんと一緒にドクダミ茶作りに挑戦してみると、お散歩の楽しさも倍増しそうです。
 
〈ドクダミ茶の作りに挑戦!〉
においが強いので、はさみと、くるんで持って帰るための新聞紙などを準備していきます。
お散歩をしながら、摘んでも大丈夫そうなドクダミを探します。
草木をとらないでくださいと注意書きがなくて(横浜市の市民の森には看板書きがあります)、排気ガスに直撃されていなくて、犬にマークされていなくて、除草剤もまかれていないところ。
およそのお家のドクダミは、たずねてみてください。
ちょうどよいドクダミを見つけたら、20~30cmくらいの長さに刈ります。
おためしだったら、10本~20本くらいでしょうか。
お花がついているものがいいです。
つぼみなら、なおいいです。
持ち帰ったら、刈り取ったドクダミを流水でよ~く洗います。
ドクダミ特有のにおいがしますが、頑張って洗ったら、振って水けを飛ばします。
新聞紙の上に4~5本ずつくらいに分けて、輪ゴムやひもでしばります。
軒下などの日陰に干します。
雨が当たらないように気をつけます。
雨に当たりそうなときは、おうちに入れてあげましょう。
乾燥していくうちに、ドクダミのにおいが消えていきます。
何日目から、においがしなくなってくるかな。
乾いてきたら葉っぱも茎もちぎって、ざるに広げてもう少し乾かします。
よく乾いたら、乾燥剤といっしょに密閉容器にしまっておきます。
 
〈ドクダミ茶を飲んでみよう!〉
鍋、やかんなどにお湯を沸かしてドクダミ茶を入れて5分くらい煮だします。 
濃さはお好みですが、目安として、500mlで4~5本分で試してみてください。
温かくても、冷ましても、おいしく飲めます。
ちょっとすっきりして、ほのかにドクダミを感じるおいしいお茶になったでしょうか。
 
~さらに挑戦!
ちょっと飲みづらい・・・と思ったら、焙じてみましょう。
フライパンにドクダミ茶を入れて弱めの中火でゆっくり乾煎りします。
少し香ばしいドクダミ茶になったでしょうか。
 
~それでも飲みづらかったら!
500mlのお湯を沸かして麦茶大さじ1/2とドクダミ茶2本分を煮出します。
いつもの麦茶より、すっきりした麦茶になったと思いますが、いかがでしょうか。
 
他にも、いろいろな飲み方に挑戦してみてください。
 
教えて~!薬剤師さん(2)「新型コロナウイルスのついたキュウリを・・・?」
2020-06-04
そろそろ芒種(ぼうしゅ)。
雨の日も多くなり、紫陽花も咲き始め、梅雨入りも間近となりました。
緊急事態宣言が解除され、徐々に日常を取り戻しつつありますが、まだまだ予断を許しません。
 
今回のご質問は、「新型コロナウイルスのついたキュウリをそのまま食べたら感染するの?」です。
 
新型コロナウイルスが食品そのものから感染したという報告は今のところありません。
ですが、食品についたウイルスの生存期間を細かく検証した結果もありません。
新型コロナウイルスは、目、鼻、口などの粘膜から感染し、人間の細胞に入りこんで増殖するといわれています。
新型コロナウイルスのついたキュウリを食べると、口の粘膜に付いてしまう可能性がありますが、同時に、その多くは口の中にある唾液などの粘液にからめとられ、食道から胃へ運ばれるので、胃酸でほぼ不活化されてしまうと考えられています。
とはいえ、感染リスクを減らすためにも、衛生面からも、キュウリなどの食材は流水でしっかり洗うようにしましょう。
給食など大量調理をするところでは、キュウリは蒸気をかけたあとすぐに冷水で冷却する「ブランチング」という方法を用いているようです。
 
食材を扱う上でさらに気をつけたいことは、包装材(プラスチックケース、ビニール袋など)、手指、調理器具などに新型コロナウイルスが付着している場合の接触感染です。
包装材に使われるプラスチックについた新型コロナウイルスは、不活化までに最長72時間かかるといわれています。
冷蔵庫に保存する場合も気になるようでしたら、市中に蔓延している時期にはマスクをした状態で、玄関で用意した保存用袋に移したり(玄関から中へは持ち込まない)、アルコール除菌などもよいでしょう。
冷蔵庫内は低温でウイルスや菌が住みやすくなっています。
庫内も清潔に保ちましょう。
また調理前には石鹸で十分な手の洗浄、まな板や包丁などの調理器具の熱湯消毒なども適度に行いましょう。
加熱調理は新型コロナウイルスを不活化させますのでおすすめの調理方法です。
ただし味見のときの箸の取り扱いや、同じお皿からの取り分けの際は、飛沫感染にも注意してください。
 
   * * * * *
 
さて、新型コロナウイルス対策としてさまざまな方法が散見されます。
経口つながりの対策として、15分毎くらいに水を一口飲むというものがあります。
新型コロナウイルスは、目、鼻、口の粘膜から感染するといわれています。
元来、人間の体には防衛システムがあり、ごみや細菌など外からの異物は粘膜から侵入する前に、涙液、鼻水、唾液などによってからめとられます。
前述のように、唾液はのどに付着しているウイルスなどをからめとって食道から胃へ運ぶことから、この方法が流布したものと思われます。
この手立ては、インフルエンザウイルスの場合は予防の一つといわれていますが、新型コロナウイルスにも応用できるかまでは確認されていません。
また、武漢で最初に新型コロナウイルスについて報告し、亡くなった医師は、目の結膜から感染したといわれています。
ですからくれぐれも、目、鼻、口をウイルスが付着しているかもしれない手では触れないように注意しましょう。
一般的にウイルスは乾燥を好みますので喉や気管が潤っていれば増殖しにくくなるのではないかと思われます。
ドライアイや空咳の傾向のある方は体を潤す食材(豆腐、牛乳、キュウリ、なす、冬瓜、トマト、白きくらげ、黒きくらげ、果物類、はちみつなど)を積極的にとりましょう。
新型コロナウイルスが気管から肺に入ってしまうと肺には粘液がないので、急激に増殖して肺炎になり、重症化する場合があります。
 
その他、日常生活での新型コロナウイルス感染対策として、帰宅したらまず石鹸による手指の洗浄、うがい、洗顔。
ご家族に体調のよくない方がでた場合は、タオルなど共同で使用するのを避けるなども必要ですね。
これはインフルエンザウイルスやノロウイルス流行時にもいわれています。
新型コロナウイルスの不活化には紫外線が有効ということも報告されました。
日焼けや熱中症が心配なこれからの時期ですが、あえてお日様が出ている時間に外出することも良いようです。
骨粗しょう症予防にも一役買います。
ただし、マスクによるかぶれや熱中症には水分を確保するなどして充分注意してください。
栄養バランスのよい食事と質のよい睡眠ももちろん欠かせません。
そして、ウイルスが体内に入ってきても、影響されないような体づくりを目指すことも大事なことです。
 
WHO、厚生労働省、国立感染症研究所などが公開している情報をもとにお話ししましたが、新型コロナウイルスに人類が出会ってまだ半年ほど。
新たな解明や発見が、日々、時間単位で発表されますので、最新の情報をもとにその時々にお伝えしていきます。
今後、第2波、第3波と続くと予想されていますので、大事なところはしっかりと守り、あまり神経質になりすぎず笑顔で過ごしたいですね。
 
親子で楽しむ「アロマクラフト~保冷材で作る芳香剤」
2020-05-18
今年のこどもの日は、なんとなくお祝いも控えめになったご家庭もあったのではないでしょうか。
それでも、子どもが健やかに育ってほしいという願いは変わりません。
 
緊急事態宣言の延長を受けて、一部の地域では引き続きおうちで過ごす時間が増えました。
親子で何をしたらいいかな?
子どもが喜ぶことは何かな?
と頭を悩ませている親御さんも多いと思います。
そこで、家にあるものを使って、香りのお役立ちグッズを作ってみませんか?
 
あんず薬局では、精油のさまざまな活用法を提案しています。
精油を買ってはみたものの、使い切れずに残っていたり、期限が切れてしまったということもあるかと思います。
酸化によって精油の香りが変化してしまっていたら処分しますが、まだ香りが持続しているのは使えるのかしら、というお客さまの声も聞きます。
そこでご紹介したいのが、簡単に作れる芳香剤です。
お手持ちの精油と、冷蔵食品を購入したときについてくるジェル状の保冷剤を使います。
ご家庭であまりがちなもので作れます。
 
~お部屋の芳香剤 アロマジェル~
〈材料〉
・ガラス製の空き瓶200㎖くらい(蓋はなくても可)1つ
・ジェル状保冷剤100g程度(室温に戻しておく)大きいの1つか小さいの3つ
・精油(レモン、ペパーミント、ラベンダー、オレンジなどお好みで)10滴程度
・飾り 絵の具、ビー玉、ビーズ、造花、小さなおもちゃなど、家にあるもので
・割りばし、または、使い捨てスプーン
〈作り方〉
① 保冷剤の袋を切って、中のジェルをガラス瓶に入れる
② 好みの精油を10滴入れる(2種類くらいブレンドしてもよい)
③ 割りばしやスプーンでよく混ぜる(絵の具で好みの色を付けてもよい)
④ ビーズやビー玉を混ぜたり、花やおもちゃを上に配置してできあがり
 
★色や香りや飾りなどはお子さまに選んでもらうといいですね。
いろいろな廃材を使って、アイデアを出しながら楽しく作ってみましょう。
芳香剤の香りがなくなったら、精油を数滴垂らしてください。
 
*保冷剤はジェル状のものと、水だけのものがあります。
ジェル状のものをお使いください。
ジェル状保冷剤の中身は、水と吸水性ポリマーです。
空気に触れるうちに、だんだん乾燥して小さな塊になります。
塊になったら捨ててください。
お子さまが、誤って口に入れないように注意してください。
 
教えて~!薬剤師さん(1)「ウイルスの不活化ってなに?」
2020-05-07
今日から解除される予定だった緊急事態宣言が5月末まで延長されました。
ここ横浜でも自粛要請が続いています。
 
新型コロナ騒動の中で、「ウイルスの不活化」という言葉がよく出てきますが、「殺菌とどう違うの?」というご質問をいただきました。
 
一部のウイルスは一部の細菌と同様に感染症を引き起こし、植物や動物、人にダメージを引き起こすことがあります。
そういう意味では「厄介なヤツ」という共通点があります。
 
ところが、この二つ、全く別の物です。
ウイルスは細菌の50分の1くらいの大きさしかありません。
そして最大の違いは、細菌は生き物ですが、ウイルスはそうではないということです。
ウイルスは何層もの脂質(脂肪)でできた膜に覆われたタンパク質です。
細菌は生き物なので環境が整えば自ら増殖できますが、ウイルスは生き物ではないので、人など他の生き物のちょうどいい細胞の中に入り込めたときだけ、増えることができます。
自力では増殖できません。
 
そこで「不活化」が登場します。
細菌は生き物なので殺すことができるので殺菌といいます。
ウイルスは生き物ではないので、殺ウイルスとはいわず、その働きや悪影響をなくすという意味で不活化という言葉を使うのです。
 
今回の新型コロナウイルスが何で不活化されるかは、徐々に分かりつつあるところです。
・せっけんの泡
・65%以上のアルコール

・熱

などこれらは、新型コロナウイルスの膜である脂質を溶かして、崩壊させます。

・塩素系漂白剤

は、ウイルスの中のタンパク質を破壊します。

・太陽の紫外線

は、地上まで届いたものでは弱すぎてタンパク質の破壊は難しいといわれていましたが、こちらも条件によっては太陽の紫外線でも数分で減少することがあると分かりつつあります。

このように、ウイルスの持つ脂質やたんぱく質の一部を破壊したり、変形させると、不活化することができます。

その他、家庭用中性洗剤なども使えることも。

最新の4月中旬発表の研究では今回のウイルスは50%以上のアルコールなら一分間つけると崩壊することが分かりました。

使ったマスクの消毒に、つけておくこともできますね!

続々と研究結果が発表されてきています。
新しい情報をとりいれていきましょう。

 
ウイルスはお気に入りの細胞に入れなければ時間とともに不活化されます。
布の上なら3時間、木なら4時間、段ボールなら24時間、金属なら42時間、プラスチックなら72時間で不活化されるといわれています。
 
新型コロナウイルスのお気に入りの細胞は目や鼻やのどの粘膜です。
ウイルスが手についただけでは感染しませんが、その手で顔をさわらないように注意が必要です。
また、感染している人と近くで話すと、その方の唾液の微細な飛沫が直接呼吸器に入ってしまいます。
症状が出る前から感染力があることが分かってきています。
 
やるべきことをして、あとはどう過ごすか、知恵比べです。
今回のウイルスについて、正しい知識を持って賢く対処しましょう。
 
イラストは、コロナ禍のいま、話題のアマビエ。
日本の伝説の半人半漁の妖怪で、絵を掲げておくと疫病退散になるとのこと。
この際、アマビエさまにおすがりしてでも早くコロナウイルスに退散していただければいいのですが。
 
 
<<株式会社 ウエルライフ>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4 TEL:045-471-2521 FAX:045-471-2522