あんず薬局の取扱商品

営業案内

営業時間/10:00~18:00

定休日/日曜、第2土曜、祝日

  •  
  • 体質チェック
  • 健康機器測定
201607011429451971.jpg
 

なんとな~く二十四節気な健康情報あれこれ

 
フォーム
 
チョコレート今昔②
2019-02-12

チョコレートを食べすぎると太る、ニキビが出る、虫歯になる…と、かつてはいわれていました。

けれども、最近といっても2000年代に入ってからですが、栄養学的にも、心理学的にも、薬理学的にも、チョコレートの原料のカカオは健康にとても良いという結果が出ています。

 

チョコレートの原材料のカカオにはテオブロミン、カフェイン、ポリフェノール、食物繊維、ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マグネシウム、カルシウム、カリウム)、などの成分が含まれています。

 

まず、現代の科学で健康効果の第1番に挙げられる成分は、抗酸化作用の高いカカオマス・ポリフェノール。

悪玉コレステロールの酸化を抑制して、動脈硬化を予防してくれます。

また、細胞の遺伝子が変化してガン化するのを抑えたり、ガン細胞の増殖スピードを低下させると共に、アポトーシス(細胞死)をおこさせるとのデータもあります。

 

他にも、

殺菌作用があるので、胃炎を起こすヘリコバクター・ピロリ菌の抑制。

アレルギーの暴走を鎮めてくれるので、さまざまな花粉によってをおこる花粉症の緩和。

人をストレス状況に適応させてくれるので、ストレス対応力の強化。

抗肥満効果。

冷え性や更年期障害の軽減。

虫歯を起こさせる虫歯菌を歯に付きにくくさせてくれる。

など、枚挙に暇がありません。

救急医療や介護施設では、体力の向上や傷の回復を良くしたり、排泄臭の軽減のために利用もされています。

 

カカオマス・ポリフェノールのよい働きは、チョコレートにポリフェノールが多く含まれている必要があり、カカオが70%以上入っているチョコレートやココアを毎日食べれば効果的だといわれています。

 

<<株式会社 ウエルライフ>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4 TEL:045-471-2521 FAX:045-471-2522