あんず薬局の取扱商品

営業案内

営業時間/10:00~18:00

定休日/日曜、第2土曜、祝日

  •  
  • 体質チェック
  • 健康機器測定
201607011429451971.jpg
 

藤沢店

   
あんず薬局 藤沢店
 
神奈川県藤沢市藤沢1106
 
〈TEL・FAX〉
 0466-27-0955
〈営業時間〉
 10:00~18:00
〈定休日〉
 日曜日・祝日
 ・第2土曜日
※駐車場1台分あります
(講座受講時のご利用はご容赦願います)
 
 

お約束の日時でしっかり相談〜予約漢方相談のご案内

お約束の日時でしっかり相談〜予約漢方相談のご案内
 
 
あんず薬局藤沢店では、2020年4月より、薬剤師による予約相談を始めています。お約束の時間でのカウンセリングと漢方薬ご購入をご希望の方はどうぞご利用ください。(予約なしでの相談も従来通り行っております)
お一人様初回は40分、2回目からは20分程度カウンセリングをおこない、生活アドバイスとともに漢方薬をご提供いたします。
お申込み、お問い合わせは店頭又はお電話で。なお、当日申し込みの場合はお時間の確約ができませんので、前日までに申し込まれることをお勧めいたします。
 
 TEL 0466-27-0955
  
   【12月の予定】
  12月  3日(金)10〜13時
  12月  7日(火)10〜13時
      12月10日(金)10〜13時
      12月14日(火)10〜13時
      12月17日(金)10〜13時 
      12月21日(火)10〜13時
      12月25日(土)10〜13時
  
※ご相談当日お薬その他を3千円以上お求めいただいた場合は相談料無料です。
※ご相談のみの場合は、相談料として3千円をいただきます。
※煎じ薬の場合は後日お渡し又は発送となります。送料は実費ご負担をお願い致します。
 
 
 
 

これいいね!漢方大好き~和子さん

これいいね!漢方大好き~和子さん
 
いろいろな種類の人参を使いこなして、コロナに負けない体力づくりを!
 
長期戦になりそうな新型コロナの流行。変異株の広がりも心配です。
私たちにできることは、三密を避け、うがい手洗いマスクと換気、そして何より自分の体に元気をつけること!
我慢することが多く縮こまった生活は、体の中の元気も動けなくしてしまいます。すると、体に栄養が行き渡らず、体も気持ちも萎縮して元気を失ってしまいます。
 
そんな時には人参です。キャロットではない人参のお話です。
いわゆる人参と言われている人参には、田七人参、おたね人参、西洋人参、五加参などがあります。
 
①田七人参
田七人参は、漢方で言う「血」と関係が深く、痛みをとったり、血行をよくすると言われています。
私は以前、雪道で転んで顔を思い切り打った後すぐに田七人参を飲んでみました。実はその翌日は娘の結婚式。顔にアザも腫れもなくて良かったです。人参パワーを知っていると、心身のケアに大変役立ちます。
 
②おたね人参
おたね人参は、滋養強壮の王様と言われ、いろいろな漢方薬に配合されています。体が弱った時の力強い味方です。しかし、のぼせる方や暑がりの方は次に登場する西洋人参をお勧めします。
 
③西洋人参
西洋人参は体を潤す力があり、カッカした時に飲むとリラックスできて元気が出ます。暑い季節や、若い方にもピッタリです。
 
④シベリア人参
最後はシベリア人参。エゾウコギ、五加参(ごかじん)とも呼ばれます。ソ連の宇宙飛行士がストレス緩和のために用いたという話は有名です。心をリラックスさせ、漢方では「体の根本である腎のエネルギーを高めてくれる」と言われています。
 
このように頼もしい人参たちを、皆さんにもぜひ試していただきたいです。(近藤和子) 
 
 
 
補中益気湯と人参養栄湯
 
おうち時間が長くなり、体調を崩す方が増えています。これは、ストレスを発散できないことにより、気の流れがうまくゆかず、からだの隅々まで栄養が行き渡らないことが一因です。
そうすると、ウイルスに対しても戦うための免疫力が落ちてしまいます。
これを打破するために今、「補剤」と言われる、からだを元気にする漢方薬が求められています。
 
ここでは、先日NHK特集で取り上げられた補中益気湯人参養栄湯についてお話ししましょう。
 
補中益気湯は朝なんとなくやる気の出ない方の特効薬です。升麻という生薬がからだの気を引き上げてやる気を起こさせ、人参、黄耆などからだの気を充実させる生薬が後押しします。胃腸の弱い方、息切れ、声の小さい方、疲れやすい方にお勧めです。
 
心に不安のある方や、不眠のある方には人参養栄湯がお勧めです。気血(エネルギーや栄養)を与える漢方薬で、遠志(オンジ)という心をリラックスさせる生薬が入っています。そして気血を増やす人参、当帰、芍薬などの生薬が不安感、倦怠感を和らげるようにバックアップします。息切れ、動悸のある方、病後や慢性病の方、疲れやすく不安感の強い方にお勧めです。
   
詳しい使い方はご相談ください。(近藤和子)  
 

漢方薬を上手に使ってほしい

漢方薬を上手に使ってほしい
 
 
▶たっぷり運動したり、たくさん歩いた日の夜に限って夜中に足がつる!方。
これは、筋肉の疲労、漢方でいう血(けつ)や津液(必要な水分)の不足、ミネラル不足、冷えなどが要因となります。
つってしまってから飲むとすぐに効果のある漢方薬があります。
ただし、このお薬は飲む方との相性があります。ずっと飲み続けることもお勧めできません。それよりも、タンパク質をきちんと食べて、寝る前には身体をしっかり潤わせる漢方薬とミネラルをとることで、つることがないように対処しましょう。(川上)
 
 
   
睡眠のこと②
ぐっすり眠れない
 
寝付いたけれど、夜中に何度も目が覚める(多い時は1時間ごと)、あるいは目は覚めないけれど、ずっと眠りが浅くて熟睡できない。こういう状態は、漢方では熟眠障害と呼ばれます。
中医学では精神活動の中枢は「心」(しん)にあると考えられています。心に栄養を与えるのは「血」(けつ)です。
昼間の強すぎる刺激や緊張、ストレスは心に熱を生じさせます。また、憂鬱や悩みは、栄養を与える血を減少させます。こういう時には、心に生じた熱を冷ましたり、心に栄養やエネルギーを与える漢方薬があり、精神活動を安定させてくれます。精神活動が安定すると、睡眠だけでなく、不安感や心の平安(安神)も取り戻してくれるのです。
不眠の症状にもいろいろあり、原因も様々です。
それぞれの症状に合わせた漢方薬を用いて不眠を解消しましょう。 
 
次回は、③早朝覚醒 についてです。(寺中)
 
 
睡眠のこと③
早朝覚醒
 
もっと寝ていたいのに、朝早く目が覚めてしまう。予定していた時間より2時間以上早く目が覚めてしまい、そのあとはもう眠れない。こういう状態は早朝覚醒と呼ばれています。(夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒は、目が覚めた後はまた眠れます)
西洋医学的には、体内時計のズレもあると言われていますが、中医学的には、早朝覚醒だけでなく、朝の頭痛も同じ原因の、「肝陽上亢(かんようじょうこう)」によると考えられています。
 
ちょっと馴染みのない言葉なので説明します。
五臓のうちの、「肝」というのは、血を貯蔵して調節したり、また気、血、津液が通っていく通路をきれいにして、からだ中にスムーズにめぐらせていく働きをしています。
朝には、肝の中の陽気が上昇してきて、目が覚めます。夜には陽気は、肝に戻るのですが、加齢、心配事やストレスなどで、陽気を上手く抑えることが出来なくなると、肝に陽気が十分に戻れなくなります。
戻っていない陽気と朝に向けて上昇してきた陽気が合わさってさらに陽気が上昇します。この、陽気が強く上昇している状態を『肝陽上亢』といいます。そのため朝早く目が覚めるのです。
 
昼間のうちから、肝の陽気を上手にコントロールしておくことが必要です。
漢方薬では、抑肝散や釣藤散などがよく使われます。
詳しくは、ご相談ください。
(寺中)
 
   
美味しいレシピ
ホットスパイスミルクティー
あんず薬局のロングセラー「紅茶に入れてチャイ」、N-HARBESTさんの有機カルダモンと紅茶、そして生活クラブのパスチャライズド牛乳と素精糖でつくってみませんか?ひと手間かける価値ありの美味しさです。
▶2人分の作り方:水200㎖を鍋で沸かし、チャイ大さじ1杯、さやを割って中の種を潰したカルダモン6粒(ちゃんと潰すのがポイントです)、紅茶小さじ1杯を加えて3分間静かに煮出します。牛乳200㎖を加えてさらに3分間弱火にかけます。お好みで素精糖を加えてよく混ぜ、茶漉しで漉しながらカップに注ぎます。
 
▶「紅茶に入れてチャイ」には、シナモン、みかんの皮、ジンジャー、クローブが入っています。寒い季節におすすめの材料が揃っています。カルダモンはスパイスの女王と呼ばれる香りの良さで知られるスパイスです。美味しいお茶でひと休みしてください。
N-HARVEST
有機カルダモンシード
10g税込389円
 
八宝茶
やさしい甘さの食べるお茶をつくってみませんか?
なつめ、クコの実、竜眼の実、菊の花、ナッツ、氷砂糖などをカップに入れて湯を注ぎます。スプーンを片手に食べたいのをちょっと我慢。柔らかくなったらいただきます。「八」は多いという意味なので、材料は何種類でもOKです。
▶手軽で便利な1杯分パック「八宝茶」できました!
 一袋 税込324円
 
 
aroma goods
香りを楽しむアロマスプレー香水材料
 
精油 価格一例
・ユーカリ………10㎖税込1,320円
・レモン…………10㎖税込1,100円
・ティートリー…10㎖税込1,452円
▶容器代は含みません。
▶ご希望の分量をおはかりします。
▶その他各種取り揃えております。
どうぞお問い合わせください。
 
香水瓶 
 
各種…税込880円〜990円
▶その他の容器…精油用ドロップ瓶5㎖税込187円・10㎖税込220円/精油用スポイド瓶5㎖363円/10㎖税込440円
 
優しい香りのお線香
 
人工的な香りが苦手な方に喜ばれています。プレゼントして喜んでいただけるようにラッピングしてみました。
 
・サンダルウッド(白檀)
・ニーム(インドセンダン)
・ロータス(蓮)
・ジャスミン(茉莉花)
の4種類があります。
8g(約20本)入り
税込550円
 

作ってみました!

作ってみました!
 
 
Organic & Fair Trade 
エヌ・ハーベストの有機マサラチャイ紅茶
Masala Chai Tea
〜パッケージの裏にはこんなことが書いてあります〜
●インド・ドアーズ地方のオーガニック紅茶葉に、マサラチャイに使われるオーソドックスなオーガニックスパイスをブレンド。牛乳や豆乳で煮出してお飲みください。
 
フェアトレード原料使用:エヌ・ハーベストの紅茶とスパイスはフェアトレード。環境に優しい農業や、より良い運営に取り組む生産者に対して代金を前払いしたり、長期の取引を保証しています。そしてその資金は、原産地の環境保全や生活向上のために使われています。
いいですね!ということで、早速作ってみました!
2人分の作り方:水200cc,マサラチャイ紅茶5g(大さじ1くらい),牛乳(豆乳でも)200cc,砂糖(甜菜糖など)
 
①水を鍋で温めて沸騰させ、マサラチャイ紅茶を入れて弱火で3分煮る。
※紅茶と、細かめのショウガ、シナモン、カルダモン、クローブが入っています。すべて有機栽培のもの!
 
②牛乳(豆乳)を加えて再沸騰したら火を止める。
③お好みで砂糖を入れてできあがり。
 
出来ました!たっぷり2杯分のおいしいチャイです。
〜今回は、パスチャライズド牛乳と素精糖で作りました。ドアーズ紅茶とは、インドのアッサムとダージリンに挟まれた渓谷、ドアーズ地方の紅茶。有機栽培茶園ブッタルジョーラの茶葉を使用しているそうです。今まで、なんとなく入れていたチャイでしたが、これで間違いなしの作り方を覚えました!
 
エヌ・ハーベストの有機マサラチャイ紅茶は、おいしいものコーナーで販売中!
15g入り 税込 389円です。
 

みんな大好き❤️ おいしいもの!

みんな大好き❤️ おいしいもの!
 
サムゲタンに!
薬膳材料 人参
 
弱ったからだを元気にする「人参(朝鮮人参)」の30gパックです。参鶏湯みたいなスープをつくってみたいな~という方、ご利用ください。
大きめお鍋でつくるスープや鍋物なら一回5gほどでOK!
30g 税込1,404円
「簡単参鶏湯風スープ」のレシピ差し上げています。
 
 
 
乾姜末かんきょうまつ
 
ジンジャーティー
 
いつものミルクティーに乾姜末をほんの少しプラス!からだが温まるホットジンジャーティーの出来上がりです。冷え性の方におすすめです。
「乾姜」は、蒸してから乾燥させたショウガです。それを粉にしたものが「乾姜末」です。いろいろなお料理や飲み物に使えます。温める力がとても強いので、暑がりの方は控えめに。
40g 税込518円
 
 
 
金銀花のお茶
 
春に香りのよい花を咲かせる つる植物のスイカズラ。漢方では「金銀花」と呼び、熱の風邪によく用いられています。あんず薬局オリジナルの金銀花茶は、セイヨウボダイジュ(リンデン)やジャーマンカモミールをあわせた飲みやすいお茶です。のどをいたわりたい方、どうぞお試しください。
13g 税込518円
 
 
 
福岡県朝倉市 林農園の
ようはいこう
ようはいこうのど飴
 
秋の梨とはちみつと生姜を煮込んだようはいこうは、中国の家庭では昔から、のどを大切にしたいときや体を温めたいときに用いられてきた養生食です。
携帯に便利なのど飴もおすすめです!
 
 
 
 
 
これを食べれば元気が出る!
エヌハーベストさんの
ENERGY FLOWシリーズ
ドライフルーツ&ナッツ
ミックス
 
BEAUTY  有機いちじく、有機カシューナッツ、マンゴー
CREATION  有機デーツ、有機クルミ
CHEER UP  有機レーズン、パイナップル、有機リンゴ
CREVIVE   アンズ、有機チェリー、有機アーモンド
 
70g入り1袋 税込 691円
 
 
 
▶︎おいしくて定番
 
南仏アジャンの
オーガニックプルーン
 
フランスの特定地域で生産される伝統の味
「アジャンプルーンPruneax d’Agen」
とろけるような美味しさを是非お試しください!
200g 税込 756円
 
 
 
パキスタン フンザの
有機ドライフルーツ
 
自然豊かなフンザ地方の天日干しフルーツです。ほのかな甘み、香りも格別。そのまま食べても、ヨーグルトなどに入れても、風味を楽しめます。
・アプリコット 
・アップル 
・チェリー 
・マルベリー
 25g~50g  税込497円 
 
   
お家で薬膳 セット
お手軽
サムゲタンセット
参鶏湯(サムゲタン)は暑さが厳しい時期に、丸鶏を使って、朝鮮人参、なつめ、もち米、にんにく、ねぎ、生姜と一緒に時間をかけて煮込んでつくる韓国薬膳料理です。
あんず薬局のサムゲタンセットは、おうちで手軽に参鶏湯風スープをつくるための薬膳材料のセットです。手羽先や手羽元などの骨つき鶏肉で、美味しくできます
 
2人分 税込 648円
5人分 税込 1080円
 
   
おススメ! ローズヒップファインカット
 
野ばらの一種、ドッグローズの実であるローズヒップ。そのローズヒップにたっぷり含まれている天然のビタミンCポリフェノールは、風邪にまけないからだづくりのたのもしい味方です。
 
あんず薬局のロングセラー「ローズヒップファインカット」は細かい粒なので、熱湯と一緒にカップに入れてフワッと柔らかくなったら飲み頃です。つぶつぶも全部食べられます。はちみつを入れると幸せな甘さ!
 
おススメです!
60g  税込 518円
150g 税込 1036円
400g 税込 2160円
 
 

スタッフおすすめ❤️ すてきなもの!

スタッフおすすめ❤️ すてきなもの!
 
グリーンノートの
粉末
ハーブシャンプー
 
洗うだけで実感!
伝承ハーブの力が頑固&深刻な髪の悩みに届きます
 
ムクロジ、ニーム、ヘナ、アムラその他数種の植物の粉とフラー土が頭皮の汚れを落とし、トリートメント効果もあります。ボトルや、洗面器に大匙1杯ほどを水で溶かして使います。しっとり、ノーマル、さっぱりの3タイプ。
ボトルセット 各 税込1,815円 
ボトルなし  各 税込1,650円
ずっと使っているスタッフ坂元より
「これ、やめられないです。3タイプそれぞれ洗い上がりの感じが違って面白いです」
スタッフ坂元の娘より
「なにこれお母さん!サラサラ!すごい!もらって帰るね〜!」
 
 
グリーンノートの
アーユル
ヘアリペアオイル
 
シャンプー30分前に頭皮に塗布します。
伝承ハーブの力で、頭皮を健やかに、髪を根元から美しく!
ゴマ油と各種薬草の濃密なオイルです。毛穴のクレンジングとヘアトリートメントができます。ハーブシャンプーとセットで使うとすごく良いです。
10ml  税込 990円
100ml  税込 4,620円
のんびりと休日に試したスタッフ福島の感想
「ほんと!小学生みたいな髪になった!」
 
 
 
 
 
サンホワイト
揃いました!
高品質の白色ワセリン
サンホワイト
シルキーY-1
べたつきを抑えた、のびる高品質ワセリンです。
80g  税込 1,760円
●赤ちゃんのスキンケアに
●お化粧下地に
●乾燥肌の保湿・保護に
★使いやすく、雑菌が入りにくいプッシュ式エアレスボトル入りです。
従来品サンホワイトP-1も好評です!
50gチューブ入り 税込 1,100円
400gボトル入り    税込 4,400円
 
 
 
   
からだと環境に優しい♡布ナプキン&ライナーはいかが?
 
シルクや綿の布ナプキンデイリーライナーを扱っています
からだのために、これからの環境のために、あなたも使ってみませんか? 
 
★肌触りがよく通気性もある布ナプキン。
自然素材で守られる安心感と心地よさで、使い始める方が増えています。
 
右の写真は、白うさぎの布ナプキン。無漂白・無蛍光・無着色の綿100%ふわふわ起毛のネル生地で作られています。
 
Mサイズ24cm×25cm 三つ折りにして使えます 税込 418円
 Lサイズ32cm×25cm 四つ折りにして使えます 税込 459円
 
 
 
 
 
 
布ナプキン 
使い方の一例
 
下着に固定できるこのようなホルダーがあると便利です。
ナプキンはきれいな面が出るようにたたみ方を変えれば、毎回交換しなくてもOKです。
 
外した後は、乾くと汚れが落ちにくくなるので、洗濯するまでは水を入れたふたつきバケツに入れておくと良いです。水だけよりもセスキ炭酸塩を溶かした水に入れておくと汚れがよく落ちます。また、匂いが気になる時はつけ置きのセスキ炭酸塩水にペパーミントやオレンジなどの精油を数滴加えておくと良いです。お出かけの時はビニール袋などに入れて持ち帰ります。
 
 
 
 
 
 
アンダーホルダー
 
上でご紹介しているホルダーがこちら。
アルデバランの防水布入りアンダーホルダーです。
税込 2,200円
 
スナップで下着に固定することができます。
上面にはナプキンを挟んで固定するためのリボンがついています。防水布も入っているので安心です。
 
 
 
アルデバランの防水布入りアンダーホルダーについて
 
色は、藍染めと柿渋染めの2色です。
表面:未ざらしネル100%
中:防水布(ポリエステル100%)
裏面:草木染めオーガニックコットン100%
サイズ:長さ約24cm 幅約18cm
日本製
リボンが二重ですので布ナプキンを重ねて留められます。
プラスティックのスナップを使用しています。
 
 
こんなたたみ方も、あり!
 
白うさぎの布ナプキンLサイズをこんな風にたためば、寝ている間も後しっかりで安心。テープは前だけでも大丈夫です。
 
 
 
デイリーライナーはこちら
アルデバランの薬草染めシルクライナーです。
毎日のおりものライナーや尿もれシートとして使えます。
 
左 生成りシルク&生成りネル 税込1,210円
中 びわシルク&生成りネル  税込1,430円
右 シルク&生成りネル   税込1,430円
このほかに、ヨモギシルク&生成りネル があります 新価格 税別1,350円
 
♪薬草の紹介♪
びわ 排毒、免疫系の強化。昔はお寺によく植えられていて、お坊さんが病気の人たちに処方していました。
茜(あかね)浄血・保温、からだ全体の活性化。万葉集にも詠われた薬草です。昔は赤ちゃんの産着や女性の下着腹巻きに用いられていました。
ヨモギ 浄化・抗菌、血液循環や自律神経の調整。婦人の妙薬として、薬草の王とも呼ばれ、その効用は古くから世界中で認められています。
 
 
 

二十四節気のお茶

二十四節気のお茶
 

 

 小雪 しょうせつ

 

八宝茶 はっぽうちゃ 

 

11月22日からは小雪です。
ここ藤沢はまだまだ日中は暖かく、寒さはこれからですが、富士山を見るとびっしりと真っ白に冠雪していて、冬の近さを感じます。
そして、今は、新蓮根の季節です。蓮根は、きんぴらや煮物、酢の物など食べ方はたくさんあります。おろして蓮根餅を作っても美味しいですね。
日本では、見通しがいいと、お正月料理にも使われます。蓮根は世界でも日本と中国でしか食べられないとのことですが、蓮は東南アジアの各地で見られ、仏教との関係か、大切にされています。また、蓮の実は甘納豆の様に煮ておやつになっています。
薬膳では、乾燥された蓮の実を戻して、煮ていただきます。甘く煮たり、炊き込みご飯にしたり、お粥に入れたりいろいろな食べ方があります。安神作用と言って、睡眠の質を改善したりします。
お勧めのお茶は
八宝茶です。こちらにも安神作用のあるものが入っています。
 
写真は蓮の実と黒米のお汁粉。美味しいおやつです。
 
 

 

 立冬 りっとう

 

黒砂糖と乾姜入り紅茶 

 

11月7日からは立冬です。
そして、初候は山茶始開(つばきはじめてひらく)です。山茶をつばきと読みますが、山茶花(さざんか)の事です。
山茶花は11月から12月頃に咲き、椿は早咲きのものは夏から(アザレア椿、これは中国原産)、一般的な秋咲きは11月から2月頃に、春に咲くものは3月から4月頃にと品種を変えて長く楽しむことができます。いずれも日本原産のツバキ科ツバキ属です。色は基本的に赤、ピンク、白しかありませんがざまざまな表情を見せてくれます。
11月から12月にかけて咲くツバキ科ツバキ属の花にチャノキがあります。
こちらはインド、ベトナム、中国南西部が原産地と言われています。
チャノキの葉は私達がよく飲む緑茶や紅茶の原料となります。
緑茶は「涼」、製造工程で発酵させる紅茶は「温」の飲み物です。
これからの季節、黒砂糖と乾姜(これらも「温」)の入った紅茶が、からだが温まると人気になります。
 
今回お勧めのお茶は黒砂糖と乾姜入り紅茶お手持ちの紅茶に黒砂糖と「乾姜末(かんきょうまつ)」を少量加えてお試しください。乾姜末は蒸してから乾燥させた生姜を粉にしたものです。写真は白い山茶花。
 
 
 

 

 霜降 そうこう

 

棗美茶 そうびちゃ 

 

10月23日からは霜降です。一週間余り前には夏日でしたのに、すっかり気温が下がり、晩秋らしくなりました。
いよいよ真牡蠣のシーズンです。河口近くで育った牡蠣は豊富なプランクトンをエサに育つおかげで、栄養豊富で美味しく加熱して食べるには最適です。殻付きを焼くだけでなく、牡蠣フライ、鍋、味噌汁、シチュー、グラタンと食べ方もたくさんあります。
魚介類はからだを潤し、陰を補うので、薬膳でも冬にぴったりの食べ物です。カルシウム、タウリン、亜鉛などを取ることができます。
冬を元気に乗り切るためにも、あの手この手と調理方法を変えながら、美味しくいただきましょう。
ノロウイルス対策には中心温度が85℃以上で90秒以上の加熱が必要です。二次汚染予防に手や調理器具も良く洗いましょう。

 
お勧めのお茶は棗美茶そうびちゃ温かいシナモンと心を癒すローズの香り、そしてほんのり甘いなつめが入った人気のお茶です。
写真は「柿」。こちらの「カキ」も美味しい季節です。ビタミンC、βカロテン、カリウム、食物繊維その他栄養成分豊富な果物です。
 
 
 

 

 寒露 かんろ

 

なつめ茶 

 

10月8日からは寒露です。
今からおいしいものの一つが蕪です。
蕪の旬は、春と秋冬の二回あります。
秋冬の蕪は肉質が密でずっしりしています。
葉も厚揚げなどと一緒に煮ると美味しくいただけます。少し手をかけて、蕪蒸しもこれからの寒い季節には喜ばれる一品です。(今年はまだ日中は暑いですが)
赤蕪や聖護院蕪など、お漬物として有名ですが、身近な蕪でもぬか漬けや千枚漬けもどきなど色々と楽しめます。

蕪は薬膳ではお腹を温め、消化を助けて全ての臓器を元気にしてくれる優れものとされています。咳が出る時にも便秘の時にもいい食材です。
根茎にはジアスターゼが豊富に含まれ、葉にはビタミン、ミネラルがあります。
根茎は生食でジアスターゼを有効に、葉は脂溶性ビタミンが豊富なので炒め物にするなどの食べ方もおすすめです。
 
お勧めのお茶はなつめ茶です。
ちょっと物哀しい晩秋に、なつめの優しい甘さが心にしみるお茶です。
 
 

 

 秋分 しゅうぶん

 

リフレッシュティー 

 

9月23日は秋分の日、その日を挟む7日間は秋のお彼岸です。
金木犀、萩と、秋らしい木が花をつけていますが、あけびも今の頃、紫色の実を見ることができます。実がパカッと割れると中の白い果肉が現れます。あっさりした甘さのものです。
あけびは薬膳ではむくみや喉の痛み、口内炎、母乳不足などに使われます。ビタミンCがたっぷりで、皮にはアントシアニンが豊富です。
漢方の生薬としては、蔓を干して刻んだものを木通として使います。
いい気候になりつつあります。野山へ出かけて、あけびを探してみませんか?
意外なところ?としては、ご近所のお庭で見かけるということもありますよ。
これなら、お散歩でもOKですね。

お勧めのお茶は、リフレッシュティーです。レモングラス、レモンバーム、ペパーミントのさわやかなお茶です。
 
写真は、いつの間にか庭に生えていたアケビです。
 
 

 

 白露 はくろ

 

すっきり菊ミント 

 

9月7日からは白露です。
今年の関東は厳しい残暑が一転。9月に入ると低温注意報が出る程の異例の涼しさが続いたので、ぶり返しの少しの暑さでも体にこたえます。体調管理にご留意下さい。
9月9日は重陽の節句で、
菊の節句とも言われます。昔は、菊を使って長寿や厄払いの祈願をしたそうです。菊は薬膳では、枸杞の実と共に、目に良い食材と言われています。読書の秋、また、目に不安が出てくるお年頃の方も菊のお浸しや菊花ずし、菊花茶など、菊を生活に取り入れてみては如何でしょう。

お勧めのお茶はすっきり菊ミント。菊の花とペパーミントの爽やかブレンドです。
 
写真は黄色い食用菊とミョウガのお寿司です。宮崎県日向産のへべすの果汁を絞り、刻んだ皮で香りと彩りをプラス。
 
 

店長より

店長より
 
お知らせ
2019年10月から地元のFM「レディオ湘南」で、”あんずの時間”として出演させて頂いております。
20214月からは新番組「LOCO.831」の中で、毎月第1、3木曜日、12時30分から約10分間、パーソナリティーさんの質問にお答えするかたちで薬局の情報をお届けしています。
湘南の情報がいっぱいの番組表は薬局でもお配りしています。
暮らしに役立つ地域の情報が聞ける「レディオ湘南」は83.1MHzです。
 
 
ハーブの愉しみ
10月27日
 
朝食に長崎漁協連の「塩サバ・フィレ」をグリルで焼いて美味しくいただきました。
冷え込むようになってきたので、窓を開けずに。換気扇はつけました。
でも、焼き魚臭が。
 
思い出しました!
こんな時は、お鍋に沸かしたお湯にハーブやレモンの皮を投入して、お部屋の香りをリセットすべし。
よし!これでOKです。
 
 
ハーブの愉しみ
10月10日
 
昨日はハーブの研修会がありました。
(あんず薬局のスタッフは、毎月漢方やハーブの勉強をしています)
フトモモ科の植物「ユーカリ」と「ティートリー」について学びました。
オーストラリア原産のこの植物は同じ科でありながら、ユーカリは乾燥地に、ティートリーは湿潤地にと生育環境も、性質も異なるのだそうです。先住民アボリジニはそれぞれを薬草として巧みに利用してきたという、とても興味深いお話でした。
そういえば、自宅にも20年選手のティートリーが潮風に耐えて立っているなぁと思い出し、写真を撮らせてもらいました。
薄い紙が重なったような木の皮は剥がれやすくてふわふわしています。緑の葉を指でもむと良い香りがします。
 
 
ハーブの愉しみ
9月11日
 
気がつくと目を酷使しているこの頃。
目に良いお茶を飲みたいな・・・ということで、
今日は、菊の花と枸杞の実に、庭の薄荷などなども動員して「八宝茶」にはちょっと足りない「六宝茶」をつくります。
 
上から時計回りに、 薄荷 なつめ クコの実 かぼす 菊の花 生姜 です。
 
 
ハーブの愉しみ
6月15日
ラベンダーを収穫しました。
一株から250本!これまで植えてきたラベンダーは、蒸し暑さに耐えきれず枯れてしまいました。
これはスッキリした香りと長い花穂が特徴の「ラバンディン」という種類。暑さにも強いようで3年ほど元気に育っています。部屋の中で干していると、良い香りが漂ってきます。
 
ハーブの愉しみ
5月13日
薔薇の花のお楽しみ。私はシロップにつけてローズコーディアルにしてみました。
 
5月14日
さてさて、ローズコーディアルは先ず炭酸水で。
 
次は、ローズコーディアル・アイスティー。
紅茶はキャンディーです。大量の氷を入れたサーバーに熱い紅茶をそそいで一瞬で冷やし、別のサーバーにすぐに移すと、濁りのないアイスティーができます。
コーディアルシロップを入れたグラスに静かに注ぐと二層になって綺麗ですね。
香りもお味も良かったです。
 
ハーブの愉しみ
5月7日
昨日、薔薇の花を持ち帰ったフクちゃんは、蒸留器を使ってローズウォーターを作ったそうです。
蒸留した後の花びらもお風呂に入れたら、とても温まって良かったとか。よかったよかった!
 
「薔薇の花びらを蒸留器に入れたところです」って!
フクちゃん、魔女になりそうです。
 
 
ハーブの愉しみ
5月6日
薔薇の季節がやってきました。
香り高いオールドローズ、大きなカップ咲きのイングリッシュローズ、古い品種のつるバラは「シェイクスピア・ムスク」。植物大好きなあんずスタッフのフクちゃんにプレゼントしたら、こんなに素敵な写真を撮ってくれました。この後どうするかはお任せです。おなかいっぱい香りを吸って、幸せ気分になって欲しいです。
 
4月16日
矢車菊(コーンフラワー)が咲き始めました。
つぼみの形が壺のようなので、bluebottleの名も。
「‥その美しい青色は他に類がなく、庭のスミレとも違い、梢越しの空とも違い、草に混じるフウロソウ、路傍のカラフトヒヨクソウとも違う。‥」R.Jefferies "The Open Air"
 
矢車菊の美しい青色の花びらを絞って取り出した「青インク」で描いてみました。
目の疲れに良いとされるアントシアニンを含んでいます。
見ているだけで、癒される色です。
 
 
 
4月3日
コンフリーの花がたくさん咲いています。これはドワーフコンフリー。草丈は低く、花は少し青くて、つぼみがクルクルと渦を巻いて可愛らしいです。古くから利用されてきたハーブで、葉や根を煎じて湿布にしたそうです。飲んだり食べたりは注意が必要。私はもっぱら刈り取った葉を土に撒いて、肥料になるといいな〜マルチング(根元の敷き藁などのこと)になるといいな〜と思っています。
 
3月27日
藤沢駅南口の神中生花店さんで、和薄荷の苗を購入し、さっそく日向に植えました。
スペアミントやペパーミントとは一味違う爽やかさの和薄荷。
母が子どものころ、薬種商を営む親戚の家の庭で、薄荷の葉をちぎっては、香りを嗅いで遊んだとよく話していました。
香りの記憶は長く続くものですね。
 
3月15日
今日から、恒例のアニバーサリーフェアが始まります。
選べるお楽しみプレゼント用の朝摘みハーブのミニブーケ。
作りまーす!
 
3月14日
お隣から、桜を一枝いただきました。
ありがとうございます。
花瓶に活けた残りは、お皿にのせて、
食卓でお花見です。
 
桜の枝は大事にとっておきます。
 
ここから、またハム作りの続きです。
桜の枝は燻製に使えます。この枝を燃やす燻煙にはフェノールなどの抗菌や防腐作用を持つ成分があり、食品に反応して樹脂膜ができ、細菌が食品の内部に侵入することを防いだり、燻製特有の風味を醸し出すという具合です。桜、りんご、オーク、ヒッコリーなどがよく使われます。
桜は甘めの香りで豚肉との相性◎
 
ハーブの愉しみ「ハムづくり編」
1月31日
昨年収穫して干しておいたセージ。
いよいよ出番です!
 
これです!
ロースハム
作ります!
 
ロースブロック肉に、ミルで粉にしたセージ、ナツメグ、シナモン、オールスパイス、白胡椒、真塩、素精糖をまぶし、冷蔵庫で1週間。良い香りです。
 
2月3日
雑草と呼ぶ植物は「こぼれだねで増える」と厄介者扱いするのに、ハーブと呼ぶようになった植物は「こぼれだねで増えた」と、得した気分になったりします。
日当たりの良いところで、こぼれだねのコーンフラワー(ヤグルマソウ)、ジャーマンカモミール、フェンネルフラワー(ニゲラ、クロタネソウ)が芽を出して育っていました。実は、こぼしだねですけど。
 
2月11日
仕込んでおいたロース肉。塩抜きして、サラシで包んで、乾かして、桜のチップで燻製にして、茹でて、冷ましたのがこれです。
気温が低くて乾燥している時期が作りやすい。
 
ロースハム
出来ました!
 
ハーブの愉しみ
2月24日
 
香り良きニンジンサラダ作ります。
ニンジン、レーズン、かぼちゃのたね、パセリ、レモンの代わりにシークワーサーの絞り汁と皮少々、塩、オリーブオイル、そして乳鉢でつぶしたカルダモン。
 
よく混ぜて。
翌日くらいが美味しいと思います。
カレーのお供にも!
 
 
1月23日
家中で一番涼しい場所に保管していたりんご。
早く食べたほうが良い感じになってきたので、干しリンゴにしてみました。
シナモンをふって、ストーブの前におくと良い香りが漂ってきました。
干しあがる前につまみ食いでなくなりそうです。クルミやアーモンドと一緒に頬張ると満足おやつに!
 
※シナモン→正確にはニッケイ(カッシア)。繊細なシナモンに比べるとダイナミックな香りです。漢方では桂皮と呼ばれる重要な温裏薬。使いすぎは注意です。詳しくは、生活クラブ神奈川のインスタグラム「あんずちゃんのおいしいしいキッチン漢方」をご参考に!あんず薬局の広報担当さんが、八つ橋のレシピとともにシナモンを紹介しています。イラスト担当は私さかもとです。今回はなんとしゃもじいがミイラ作りに挑戦です!
 
1月20日
ヘチマのタネです。ネットのオークションサイトで100粒入手しました。(送ってくださった茨城のゆきさん、ありがとうございます)
ヘチマがハーブかどうかは分かりませんが、とても役に立つ植物とみなおしました。
ヘチマ化粧水、ヘチマたわし、ウサギやハムスターのかじりんぼおもちゃ、夏の和装小物(帯枕にすると涼しいとか)、沖縄では食べちゃう(なーべらー)。以上ヘチマ製品の検索結果です。
「素晴らしく美しい石鹸置き」と賞賛していたのは、『ゼロ・ウェイスト・ホーム』や『プラスティック・フリー生活』の訳者服部雄一郎さんです(詳細は、ブログ「サスティナブルに暮らしたい」〜スポンジの自給という奇跡〜ヘチマが紡ぐ完全な循環」をぜひ!)。輪切りにして使うのがミソだとか。庭先で育てれば夏はグリーンカーテンに、秋には収穫気分を味わい、冬には山のようなスポンジが手に入り、ガシガシと使い倒して最後は土に戻るという具合。
それはやってみなくちゃ!です。
タネまき時期は4〜5月。育ててみたい方は、どうぞ店長坂元にお問い合わせくださいな。
 
1月7日
もう少し残っていた辛いオイルで、七草風サラダ。
藤沢駅近くのオーガニックマーケットBio c' Bonで見つけた柴海農園サラダセット刻みアーモンド、スライス玉ねぎ、塩コショウ&辛いオイルです。
ケール、チコリ、ルッコラ、わさび菜など、ほろ苦い菜っぱが、お正月料理の後は美味しいですね。
 
 
12月12日
使ってみました!辛いオイル。
ゆでたロマネスコとミニトマトを、この前作った辛いオイルと塩で炒めました。
ちょっと辛くて、ハーブとガーリックの香りも程よくてgood!でした。
このところ、生活クラブの「あっぱれ育ち野菜おまかせセット」に赤くてかわいいミニトマトが入ってくるのですが、生野菜サラダはちょっと寒そうで、どうしようかと眺めていたところでした。
そう、トマトの性質は「寒」。なので、加熱調理&唐辛子の「熱」で温かくして、美味しくいただきました!
 
 
11月7日
鷹の爪、ニンニク、黒胡椒、月桂樹の葉、タイム、ローズマリー。
なたね油+オリーブオイルに漬けて、辛いオイルを作っておこうと思います。
 
 
 
 
  出来ました!
 
 
 
 
  
 
 
南東の斜面で何年も前から茂っているレモングラスです。
フレッシュな葉で入れるレモングラスティーは、美しい緑色でとても良い香り。でも、もうそろそろ刈り取って家の中で干すつもりです。寒さに弱いので、刈り取った後の根元には腐葉土をかけておきます。
干した葉は、お茶にしたり、リースにしたり、その次にお正月飾りになっていったりと活躍します。
草原の懐かしい香りがしてきます。
 
 
ローズマリーは強い陽射しも潮風もへっちゃらな、湘南向けのハーブですね。
のびのび育ったので、お肉料理に使いました。
そのほか、何に使おうかと考えながら裏口の窓際にワサワサと干しました。
もう、それだけで家中に良い香りが漂っています。
「ローズマリーはね、かかあ天下のお家でよく育つ、と言われているのよ」って。
ハーブの師匠から聞いたことがあります。
 
 
あんなに暑かったのに、オレガノはニッコニコで育っています。ドライオレガノも上手くできたので、我らが大船のホームセンター「コーナン」で(!)手に入れた「ル・パルフェ」のガラス瓶に詰めて大満足です。美味しいチーズのブルスケッタにパラリ・・・。「ハーブはフレッシュに限ります。ドライなら使わない方がマシ」と落合シェフは仰いますが、これだけは許して欲しいです。
ところで、蓋までガラスのガラス瓶は今のところ、このフランスのル・パルフェか、ドイツのウェックだけだとか。プラスチックフリー生活の味方ですね。コーナンえらい!
 
 
湿度が高いとハーブを乾燥させるのは難しいのですが、この夏はコモンセージがきれいに乾きました。これだけできればお正月の自家製ハムが美味しくできると思います(平牧三元豚でつくるロースハムは最高です!)。
「セージ」の仲間はたくさんあって、かわいい花を咲かせるチェリーセージやボッグセージなどは何年放っておいても元気ですが、コモンセージは夏の蒸し暑さに弱いみたいです。ときどき挿し穂で増やしておくと安心ですね。
 
<<株式会社 ウエルライフ>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4 TEL:045-471-2521 FAX:045-471-2522