あんず薬局の取扱商品

営業案内

営業時間/10:00~18:00

定休日/日曜、第2土曜、祝日

  •  
  • 体質チェック
  • 健康機器測定
201607011429451971.jpg
 

厚木店

   
 

アクセス

アクセス
 
あんず薬局 厚木店
神奈川県厚木市寿町3-15-20
〈TEL〉046-222-7226 〈FAX〉046-223-0812
〈営業時間〉10:00~18:00
〈定休日〉日曜日・祝日・第2土曜日
 
※駐車場3台分あります
※小田急線小田原線本厚木駅北口より徒歩13分
※北口交番前バス停1番 「市立病院前」下車
 

お約束の日時でしっかり相談~予約漢方相談のご案内

お約束の日時でしっかり相談~予約漢方相談のご案内
 
あんず薬局厚木店では、2021年4月より、薬剤師による予約漢方相談を始めました。お約束の時間でのカウンセリングと
漢方薬のご購入をご希望の方はどうぞご利用ください。(予約なしでの相談も従来通り行っております)
おひとり様初回は40分、2回目からは20分程度のカウンセリングをおこない、生活アドバイスとともに漢方薬をご提供いたします。
お申込み、お問い合わせは店頭またはお電話で。なお、当日申し込みの場合はお時間の確約ができませんので、前日までに申し込まれることをお勧めいたします。
 
TEL 
046-222-7226/046-223-0812
    
           
          【2022年 1月の予定】
     1月   15日(土)10:00~17:00
     1月 22日(土)10:00~17:00 
     1月 29日(土)10:00~17:00 
 
        【2月の予定】
    2月   5日(土)10:00~17:00
    2月 19日(土)10:00~17:00 
    2月 26日(土)10:00~17:00  
 
 
   ※ ご相談当日、お薬その他を3千円以上お求めいただいた場合は相談料無料です。
 ※ ご相談のみの場合は、相談料として3千円をいただきます。
 ※ 煎じ薬の場合は後日お渡し、または宅配となります。宅配料は実費ご負担をお願い致します。
 

アロマトリートメント

アロマトリートメント
 

厚木店 講座のご案内 2022年1月、2月、3月

厚木店 講座のご案内 2022年1月、2月、3月
 
*上記カレンダーより、ご都合よい日時(11:00~16:00)でご予約ください
    申し込み電話 046-222-7226
    *所要時間 30分
 

楽しい♪アロマ・ハーブクラフト店内→ミニ講座

楽しい♪アロマ・ハーブクラフト店内→ミニ講座
 
 
ピローミスト*
忙しい毎日。
心休まる香りに包まれて
おやすみ前にリラックス
寝室の空間や寝具などに
 
  
 
参加費:1000円(材料費込み)
 
日時
1月 24、25、26、27
28、29、31
2月 1、2、3、4、5
午前10:30~11:00
午後14:00~14:30
 
ご予約ください046-222-7226
 
 
 
 
*ハーブで作る
 マウスウォッシュ*
 
ドライハーブを使ってマウスウォッシュを作ります。
お口の中をさわやかに清潔に!
 
  
 
参加費:1000円(材料費込み)
 
日時
2月 14、15、16、17、18、19、
21、22、24、25,26
 
午前10:30~11:00
午後14:00~14:30
 
ご予約ください046-222-7226
 
 
 
*ロールオンコロン*
 
さっとひとぬりで気持ちリフレッシュ
精油で作る香りのお守り
 
  
 
参加費:1000円(材料費込み)
 
日時
3月 14、15、16、17、18、19、
22、23、24、25,26
 
午前10:30~11:00
午後14:00~14:30
 
ご予約ください046-222-7226
 
 

やさしい漢方

やさしい漢方
 
1月20日は二十四節気のひとつ、大寒。
1年のうちで最も寒くなる時期です。
東洋医学では、冬は「腎」の季節とされています。腎は生命力のもととなるエネルギーを蓄えたり、体を温めたりする働きをしています。腎は冷えに弱いとされています。また、加齢によって徐々に衰えてきます。
冬はとにかく体を冷やさないでしっかり腎を養い、エネルギーを蓄えることが春に向けての大切な備えとなります。
腎が弱ると下半身の冷えやむくみがでたり、加齢によっておこりやすい腰の弱り、夜間頻尿、聴力の低下などが早くから表れやすくなります。
 
あんず薬局では、それぞれのお客様に応じた「季節や日々の養生、食養生、漢方薬」などの相談を大切にしています。どうぞ、お気軽にお声かけください。
 
 
冬の寒さから身を守り、来年への元気をたくわえましょう!
12月に入り、冬至が近づき一年も終わろうとしています。冬至は昼が一番短い日で、翌日から一陽来復して徐々に日脚は伸びていきますが、寒さはこれからが本番です。
 
寒さは体内の活動や血行を悪くさせて、いろいろな病気の再発や病状の悪化を招く原因となります。冬は、まず第一に寒さから身を守ることが大切です。でも、むやみに厚着をしすぎると汗をかき、気(エネルギー)の消耗につながります。衣服は着たり脱いだり調節のしやすいものにしましょう。冷えは頭、首、背中、足から入りやすくなりますので、これらの部分の防寒は特に注意したいものです。
また、寒さへの適応力を高めるためには肌を鍛えることも必要です。皮膚の血行を良くするため背中の日光浴、後頭部や腰や足裏のマッサージや乾布摩擦などを毎日の生活の中で行うと風邪などひきにくく、元気をたくわえられます。
 
食べ物は消化しにくい硬いものや生ものや冷たいものを避けて、スープや鍋物などの温かい飲食物をとるように心がけます。

それでも冷えが辛い時は、身体を中から温めて冷え体質を改善する漢方薬を試してみることをお勧めします。冷え体質は人それぞれですので、漢方に詳しい薬剤師に生活習慣のアドバイスや漢方薬について遠慮なくご相談ください。
 
乾布摩擦 は服の上から擦るだけで体が温まり、手や足などの血液のめぐりもよくなります。薄手のシャツの上から柔かいタオルでこすってみましょう。
 
 
フォーム
 
寝るだけが休養と思っていませんか?
疲労には、「肉体疲労」と「精神疲労」があります。
肉体疲労は基本的にしっかり食べてしっかり眠ると解消されますが、精神疲労は、「からだ」と「こころ」の両方を正しく休める必要があります。今回は、「こころ」の休養について書いてみました。
 
仕事、学校、家庭などさまざまな場面でストレスを感じることがあると思いますが、ストレスは必ずしも悪いことばかりではなく向上心や技能アップにもつながります。しかし、長期的に強いストレスを受けると、それに抵抗しようとして身体が無理をします(抵抗期)。その状態が長く続くと心とからだが抵抗することに疲れ、心身の機能が衰えて病気になりやすくなります(疲憊期(ひはいき))。
上手にストレスとの距離がとれるよう自分に合った解消法をみつけて、心身をいたわりましょう。
心の休息は「楽しい!」「うれしい!」「気持ちいい!」と感じると得ることができます。
 
なかなか自分でどうしようもない時は、リラックスやうつを改善できる漢方薬や、普段の生活養生を漢方に詳しい薬剤師にご相談ください。
 
目指せ艶美人!ココロとカラダに『潤い』を❤
2021-10-18
近頃は空気が澄み渡り、さわやかな季節となりほっと一息ティータイムや読書など楽しみな季節です。
サラッとした心地良い風はとても気持ち良いです。
今回はこの季節を上手に過ごし、冬を快適に過ごす準備のポイントを紹介します。
 
漢方では季節によって自然の摂理により傷付きやすい臓器があり、その臓器を守る為の養生を行うことで
症状発症を予防し、次の季節への準備をします。
旬の食材を摂ることはその代表的な養生です。
 
これからの季節は空気が乾燥してくるので、喉や肌にダメージを受け、喘息症状やアトピー性皮膚炎なども悪化しやすい季節でもあります。
 
季節の養生で次の季節に備えて、早めの対策を!!!
 
<ダメージを受けやすい臓器>
:乾いた空気により鼻、口、喉、肺の粘膜が乾燥し、喉の渇き、空咳、喘息などの症状が起きやすくなります。風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。
大腸:便秘の原因は様々ですが秋は潤い不足からくる便秘が増えます。
:「肌は内臓の鏡」といわれます。乾いた空気が影響しておこる、肌の乾燥や炎症、かゆみなどの症状です。
:日照時間が日に日に短くなり、落葉の時期となり寂しさや悲しい感情を持ちやすく、うつうつした気持ちを引き起こしやすくなります。
 
<秋の養生>
早寝早起き
お腹を冷やさない
深呼吸で肺の機能を強化する
漢方では季節によりおこりやすい感情があり、秋は物悲しく感じやすくなります。深呼吸する際に精油を使った芳香浴をすることもおすすめです。
・秋の気配を感じる頃におすすめのアロマ:フランキンセンス
・気持ちを明るくしてくれるアロマ:ベルガモット
 
<おすすめの食材・料理>
白きくらげ、なつめ、山芋、スープや蒸し物
 
※漢方薬は身体の内面からエネルギー(気)と水分(津液)を補う処方などお一人お一人の症状、体質に合わせてご提案いたします。お気軽にご相談ください。
 
1
 

冬のおすすめ商品

冬のおすすめ商品
 
*簡単な参考レシピ付き
 
『参鶏湯セット』
(なつめ・松の実・クコの実・人参)
2人分35g 税込648円
5人分85g 税込1,080円
 
からだポカポカ!寒さに負けない!
秋から冬におすすめスープ
   
オーラストーン商品
冷え対策におすすめ!オーラストーン商品!
 
寒さが本格化してくる季節
腹巻やレッグウォーマーなどを利用して、からだを温めましょう。
 
オーラ岩盤浴腹巻 
 お腹,腰まわりがじんわり、ポカポカ、心地よい!
 ¥4950(税込)
 
足首サポーター 
 心地よいフィット感で就寝時もじんわりあったか!
 ¥3190(税込)
 
不思議なフェルト 
 好きなサイズに切って使えます。
 *腹巻にはさんだり、お腹や腰にところに当ててお使いください
 *おやすみ時、冷えてる部位に当てたり、枕や敷布団と上に置いたりしてお使い下さい。
 ¥1870(税込)
 
 
 
*オーラシリーズ、温かさのヒミツ*
天然鉱石を繊維にたっぷり練り込んだ”天然鉱石繊維”を中綿に使用。
”天然鉱石繊維”には鉱石の持つ「蓄熱・遠赤外線効果」があるので、身体をじんわり温めてくれます。
快適でじんわり心地良い自然な温かさが持続します。
 
 
E-SAN
  DHA&EPA
イワシ油のサプリメント
 
新鮮なカタクチイワシのみを使用。
 
ご家族みんなで利用できるサプリメント!
不足しがちな DHA&EPA を補給できます。
毎日の食生活でお魚が不足している方・栄養バランスが気になる方におすすめします。
 
150粒 ¥4,590(税込)
 
 
スーパー酵素
玄米酵素で手軽に腸活
 
無添加、国産原料100%の発酵自然食品を毎日の食事にプラス!
玄米の栄養素と酵素を手軽に摂ることが出来ます。
 
90包 \3,942(税込)
 
 
 
マリーンジェル 
季節の変わり目で傷んだ肌に!
 
良質の海藻成分配合のジェルタイプの天然美容液「マリーンジェル」
海藻の成分が衰えた肌を活性化します

お顔全体に塗布。特に目元、口元のシワやたるみ部分には指頭で優しくパッティングし浸透させてください。
 
マリーンジェル40ml  ¥5,940(税込)
 
 
          
 
カレンシアオイル
本格的な乾燥が始まる前に保湿ケアを!
 
「カレンシアオイル」はシアバターをベースに美肌作りに欠かせない白檀や
キハダ樹脂などを配合した天然のクリーム
肌の乾燥を予防し、潤いを与えます。
 
*マリーンジェルと混ぜてお使いになると、最強の乾燥肌対策になります。
*マスク荒れ対策としてもお使いいただけます。
 
カレンシアオイル40ml  ¥4,950(税込)
 
 
 

漢方薬

漢方薬
 
十全大補湯・補中益気湯
漢方では気をとても大切に考えます。気は元気の気でもあり生きていくためのエネルギーです。気にはいくつかの働きがあり、その中の一つに体の表面を防衛する役割があります。いわゆるバリア機能のことで衛気といいます。この衛気を高めるためには気を補うことが大切です。
 
十全大補湯・・・十種類の生薬で補う。からだを温めます。
補中益気湯・・・気を益して補う。胃腸の弱い方にも。
 
☆ご興味のある方はお気軽に薬剤師にご相談下さい
 
 
 
 
玉屏風散
「玉屏風散」には、屏風を立てて風をよけるという意があり、抵抗力が弱い方の
疲れ、だるさに適しています。他に、風邪をひくと困る方に飲んでいただきたい
お薬です。
 
☆ご興味のある方はお気軽に薬剤師にご相談下さい
 
   
コロナ禍で漢方にできることを考える
ある日突然に治療法の確立されていない病や原因不明の不調に襲われたら、人はどんなにか心細く、不安や恐れに苛まれることでしょう。
6月に入りコロナワクチン接種が進んでいますが、ワクチンだけでは不安を感じられる方もおられることでしょう。不安を抱える皆様のお役に立てばと思い、漢方の知恵をお伝えいたします。
 
人類の歴史は病との闘いの歴史ともいえます。中国では西暦1800年頃までに強い感染症(コレラやペストなど)を経験し、近年ではサーズやマーズなどの感染症と闘ってきました。その中で懸命な医療的試行錯誤と臨床経験が構築され続けています。中国数千年の歴史の中で体系化された漢方医療は、現在でも人の自然治癒力を助けるものとして利用されています。
 
漢方薬はその働きにおいて大きく2つに分かれます。
1つは身体に不足しているエネルギーや栄養物質を補う働き、
もう1つは身体に不要なもの(老廃物や細菌、ウイルスなど)を身体の外へ排出する働きです。
漢方薬として有名な葛根湯(カッコントウ)は身体の外からやって来て身体の表面に取り付いた外敵(外邪)を追い払うクスリの1つです。この場合の外敵とは、ただの感冒の他、インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症などもひとくくりとした風邪(ふうじゃ)とよばれる外邪のことです。
風邪は身体の防御力が弱ったスキをついて表面から内側へと入り込み咳や嘔吐、下痢などいろいろな症状を引き起こします。そこで風邪に対しては、体の内側へ入り込まないうちに先手先手で対応することが大切です。「なんだか風邪をひきそうだ。ゾクゾ寒気がする」そんなタイミングを捉えて風邪が内側へと入り込まないうちに追い払う漢方薬を一服します。残念ながら間に合わず入り込まれてしまった場合には症状に合わせて別の漢方薬を使います。
 
普段から外敵と闘う力を高める漢方薬で予防し、外敵を追い払う漢方薬はタイミング良く飲めるように持ち歩くと安心です。
漢方の知恵が今、出口の見えない暗いトンネルの中にいるように感じている方のお役に立てばと心から願っております。

 
 

ベリテ自然派化粧品

ベリテ自然派化粧品
 
 
ベリテ化粧品の特徴
 
有害な化学原料、界面活性剤などは使わず、植物や海藻、クレイなど
古くから美容のために使用されてきた自然由来の原料をベースに作られている化粧品です。
 
・毎日使うものだから、肌に優しいものを。
・本来の美しさを取り戻してくれる化粧品です。
 
 
 

ベリテ自然派化粧品 おすすめアイテム

ベリテ自然派化粧品 おすすめアイテム
 
<ベーシックオイル>
120ml ¥5,049(税込)
ベリテのスキンケアに欠かせない、皮脂バランスを整えてくれる美容オイル
肌本来の美しさを保つ植物性オイルをブレンド。
 
クレンジング、オイルマッサージなどにもお使いください。
毎日のお手入れの基本としてお使いいただくと、肌の感触が変わっていきます。
 
 
 
<ソフトローション>
120ml ¥4,009(税込)
ブルガリア産ローズ水をベースにした
化粧水。
シルク、ナツメ、オウゴン、海藻エキスを高濃度に配合。
 
化粧水のほか、ヘアー、ボディローションとしても使えます。
 
<ファンデーション>
65ml  ¥3,861(税込)
ネロリとローズのハーブウォーターと天然鉱物が主成分の水おしろい
 
お肌に負担がなく、軽いつけ心地でナチュラルに仕上がります。
 
 
<ルースパウダー>
7g ¥2,772(税込)
ボタンピや冬ボダイジュなどの粉末が入った粉おしろい
潤いをキープしながら紫外線を跳ね返してくれる優れものです。
 
ファンデーションにルースパウダーを重ねることで仕上がりがより綺麗に整います。
 
<マリンジェル>
40ml  ¥5,940(税込)
ハワイのタラソ美容伝統の主役である、特殊海藻配合のジェルタイプ天然美容液衰えた肌を活性化します。

お顔全体に塗布。特に目元、口元のシワやたるみ部分には指頭で優しくパッティングし浸透させてください。
 
<カレンシアオイル>
40ml  ¥4,950(税込)
シアバターをベースに美肌作りに欠かせない白檀やキハダ樹脂などを配合した天然のクリーム
 
マリーンジェルと混ぜてお使いになると、最強の乾燥肌対策になります。
マスク荒れ対策としてもお使いいただけます。
   
とてもシンプル!基本のお手入れ
基本セットはこの2本!
ソフトローション・ベーシックオイル
 
*夜の基本のお手入れ*
クレンジング 
 「ベーシックオイル」でオイルクレンジング。
 肌の汚れ、メイクを落とします。
保水 
 「ソフトローション」をたっぷり使い保水をします。
保湿
 乾燥が気になる時は、「ベーシックオイル」
「カレンシアオイル」うるおいをキープします。
 
*朝はぬるま湯でかるく洗顔後、ローションで保水。
必要に応じて、ベーシックオイルやカレンシアオイルで保湿後、メイクアップします。
 
 

健康補助食品のご紹介

健康補助食品のご紹介
 
海玉膏
年齢であきらめていませんか?
人は年齢とともに色々な機能が衰えていきます。海玉膏はハリ、潤いのある毎日をサポートします。年齢を重ねてもイキイキと活力のある毎日を過ごしましょう!何を飲むか迷ったらまずは海玉膏をオススメいたします。健康補助食品のオールインワン!
 
《こだわりの和漢素材》
海玉膏の原料は、厳選された海の幸、山の幸である和漢素材で、調整加工まで一貫した管理体制のもとで、品質確認がされています。
 
・飲みやすく、携帯しやすいスティックタイプ
・スティックからそのままお召し上がりいただけます。
・発酵食品なので、高温のものと一緒にお召し上がりになることはお避けください。
 
 
桑葉顆粒
原料の桑葉は全て、九州の有機JAS認証を取得した畑で無農薬・有機肥料で栽培されています。
桑葉は、カルシウム、カリウムや、マグネシウム、鉄、亜鉛が豊富です。
 
原材料:有機桑葉粉末、有機デキストリン
内容量:90g(1.5g×60包)
お召し上がり方:1回1包を約100~150mlの水又はお湯に溶いて食事と一緒にお飲みください。「ドレッシングやソースにまぜて」「ヨーグルトやアイスクリームにふりかけて」お料理のトッピングとしてもご使用いただけます。
 
 

アロマトリートメント

アロマトリートメント
   
あんず薬局厚木店のアロマトリートメントの感染症予防対策について
 
あんず薬局厚木店のアロマトリートメントを10月14日より再開させて頂きます。
以下のとおり、お客様に、安心・安全にご来店いただけるよう、徹底した衛生管理と感染予防対策を行ってまいります。
ご了承いただきますようお願い申し上げます。
 
《トリートメントにおける感染予防対策》
・スタッフのマスク着用、手指消毒、手洗い、うがい
・スタッフの検温等、体調管理の徹底
・店内換気
・清掃、器具、備品類の消毒の徹底
・リネン類の衛生管理の徹底
 
お客様へのお願い
[ご予約時]
下記の症状のある方はトリートメントをお受けいただけません
・発熱または咳の症状があるかた、体調のすぐれない方
・感染者または感染が疑われる方との濃厚接触があった方
・2週間以内に海外への渡航歴がある方
[来店時]
・マスクの着用。施術中も着用をお願いしております
・ご来店時の手指消毒および検温をおねがいします
・来店時にお客様の健康状態を確認させていただきます
 
お客様にあったエッセンシャルオイル(天然精油)の香りに包まれた施術で
ゆったりとしたお時間をお過ごしいただければと思います。ご予約をお待ちしております。
 
 
   
アロマトリートメント施術日 2022年 1月・2月
いつもあんず薬局厚木店のアロマトリートをご利用いただきありがとうございます。
日頃のお疲れ、ストレスケアにご利用ください。
お客様にあった精油を選びトリートメントを致します。
ゆったりとしたお時間をお過ごしいただけます。
 
 
      《2022年 1月》
1月13日(木)  10:30~16:00
1月19日(水)  10:30~16:00
 
           《2月》
2月10日(木)  10:30~16:00
2月16日(水)  10:30~16:00
 
ご利用の際には、ご予約をお願い致します。
電話 046−222−7226
 

季節の養生

季節の養生
 
冬至に寄せて
冬至によせて
 
昨年の冬至から投稿を始めた24節気ごとのつぶやきは、健康情報が巷に溢れ効率やスピードばかりが重視されがちなめまぐるしい時代に、健康作りの一つの確かな道しるべとして漢方の知恵を紹介できたらとの想いから生まれました。今回の冬至でひとめぐり。最終回です。
 
ご自身の「こころ」と「からだ」の声に耳を澄まして一人一人違う体質を知り、自分らしい養生のある暮らしの中、時に心身のバランスをくずしても寝込まずに、つぶれずに、無理せずあせらず体調を整え、それぞれの想い描く人生の花を咲かせていきませんか?
 
相変わらずコロナ禍の終息も見えず不自由な日々が続きますが、禍福はあざなえる縄のごとしと言います。漢方的にも、世界は隂陽二極から構成されています。「禍」だけの世界はありません。
 
冬至は一陽来復の日です。隂の季節の中で陽のパワーが生まれる日。悪いことが続いた後で幸福に向かうという解釈もあります。今日が2022年の幸運が芽生える日となりますようにと心から願っております。
 
新年度からは養生のお話、ミニ店内講座「暮らしの中で体を整えるやさしい漢方お話」を企画しています。
そちらでまた皆様にお会いできればとても嬉しいです。どうぞお気軽にお出かけ下さい。
 
大雪によせて 
大雪によせて
私達を守るもの
 
「大雪」の漢字を見ただけで寒くなってしまいそうですが、先日厚木で雪ならぬ雪の花のように咲く冬の桜に出会いました。本物の雪はこれからで寒さ乾燥の厳しい冬は、かぜが流行しやすい季節でもあります。今日は私達をいろいろな外敵、例えば細菌、ウイルス、カビ、寄生虫、花粉、ハウスダストなどから守ってくれる「免疫」についてのお話です。
 
疫を免れると書いて免疫。私達は免疫の3重の防御壁により守られています。
 
先ずは身体に外敵が侵入しないように外の環境と接している目や鼻、口や気管支などを粘膜が覆いしっとり潤って守っています。外敵は例えば鼻水、くしゃみ、痰などと一緒に排出されます。これが第1防衛壁です。
乾燥によって粘膜の本来の働きが損なわれないように、白キクラゲやハチミツ、季節の果物、大根や蓮根、豆乳、牛乳など身体の潤いを上げる食材や鍋料理などの汁物のレシピを適度に食卓に取り入れましょう。
 
残念ながら外敵が体内に侵入しても第2の防衛壁、自然免疫とも呼ばれる白血球達が敵と戦います。どんな敵であっても戦ってくれます。そこで敵の特徴を見定め、第3の防衛壁へ情報をつなげます。獲得免疫と呼ばれるもので敵の特徴に合わせて抗体という武器をつくったり、訓練された白血球の精鋭部隊が戦場に駆けつけてくれます。
 
漢方では免疫のシステムは気という生命エネルギーが担当していると考えます。この二十四節気のコラムでも度々、気のお話をしています。それほど気は大切なのです。
 
気を充実するには、、、
充分な睡眠をとりましょう。毎日のバランス良い食事、規則正しい排便習慣を心がけ、過度な興奮やストレスは禁物です。冷えない身体も大切です。さあ今日は温かいきのこたっぷりのお鍋はいかがでしょうか?きのこは気を補い秋から冬にかけて美味しく頼もしい食材です。あんず薬局には気を充実させる様々な漢方薬をご用意しています。コロナ禍でも不安を抱え込まずお話し下さい。どなたにも自然治癒力、気の力が備わっています。その力を十分に発揮させていきましょう。
 
気を充実するには、、、
充分な睡眠をとりましょう。毎日のバランス良いお食事、心地良い排便習慣、頑張りすぎ、我慢しすぎは禁物です。お一人お一人の良い加減を見つけて下さい。冷えない身体も大切です。さあ今日は温かいきのこたっぷりのお鍋はいかがでしょうか?きのこは気を高めてくれる秋から冬にかけて美味しく頼もしい食材です。あんず薬局には気を高める漢方薬もご用意しています。コロナ禍でも不安を抱え込まずお話し下さい。どなたにも
自然治癒力、気の力が備わっています。私達は守られているのです。
 
フォーム
 
小雪によせて
2021-11-22
小雪によせて
先日ある芸能人が年齢を尋ねられて、○○歳と言わずに○○レベルになりましたと、
ユーモアたっぷりに答えていてとても好感を持ちました。
年齢を重ねると体は成長から老化の局面へと変化し、体のあちこちがくたびれてままならないこともあります。けれども、お一人お一人がさまざまな人生経験と知恵を積み重ねてきたことで、る意味において成熟しレベルが上がっていると思うのです。
漢方ではこの年齢に伴う成長と老化に腎精が深くかかわっていると考えます。腎精とは人に生まれながらに宿る生命活動の原動力のことです。腎精が衰えると白髪が増える、骨がもろくなる、全身が冷えやすい、不妊などのトラブルを招きやすくなります。冬の養生では腎精を充実させることが大切と言われています。
 
一般的には体を冷やさないように気をつけましょう。腰を寒さから守ることも大切ですので、冷えきった日には簡易カイロを腰に当ててみるのもよいでしょう。下半身を鍛えるスクワットも寒さで滞りがちな血流改善におすすめです。
 
腎精を充実させるためにおすすめの薬膳としての食材は
黒いもの…黒ごま、黒豆、黒きくらげ、黒米、海苔、ひじきなど
ナッツ類…クルミ、松の実、銀杏など
ねばねば食材…山芋、納豆、なめこ、めかぶ、オクラなど
その他にもホタテ、牡蛎、えび、うなぎなど
クコの実、なつめも養生の定番ドライフルーツとして召し上がれ。
腎精の充実を意識し実践した生活は人生を長い目で見たときに取り組んだ人とそうでない人では大きな差が出てくるといわれています。
簡単な混ぜるだけの黒づくしおやつの材料を写真で紹介します。黒豆きなこ、黒ごま、炒ったり、煮たりした黒豆、クコの実、くるみを混ぜるだけ。クコの実はそのままで食べると食感が硬いと感じる方もヨーグルトや豆乳を加えてふやかしますと美味しくいただけます。甘味はお好みでハチミツなどでどうぞ
 
霜降によせて
2021-10-23

霜降によせて

 

秋と思秋期 

 

秋も深まり霜降を迎え、いよいよ冬の足音がきかれる頃です。

 

みなさまは思秋期という言葉を使うことがありますか?この言葉は子どもから大人への移行期である思春期に対峙する概念としてうまれた言葉です。思秋期は更年期と言い換えることもできます。思春期も思秋期も体内のでホルモンバランスが変化し、自律神経が乱れやすくなることで、心も身体も不安定になりやすい時期です。特に思秋期の頃は思春期の子育て、親の介護、職場の重責、老後の心配など、心労の絶えない時期と重なることが多くなります。

 

漢方では更年期(一般的に45歳から55歳)に抱える不調は、イライラ、うつうつ、のぼせやほてり、動悸、疲れやすさ、冷え、頭痛、めまい、眠りの質が悪くなる、肩こり、皮膚のかゆみ、太りやすい、のどの詰まったような感じ、トイレが近いなど人によって様々ですが、小さな悩みでも放っておかずにケアすることで未来の病気の芽を摘んでいきます。

更年期には今までの食事や生活習慣、心の状態、人間関係など何が自分にとって負担になっていたかを見直してみたいものです。そんなみなさまの無理のない、笑顔のある、美味しい暮らしに。自分の体質を知って養生することは心強い味方となってくれるでしょう。

 

晩秋のこの時期は本格的な乾燥も気になる頃です。ハチミツは乾燥を潤し、のどにも優しい食材です。今宵はアンチエイジングにも嬉しいナッツのハチミツ漬けをおともにワインをかたむけるなんていかがでしょう?

 

<<株式会社 ウエルライフ>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4 TEL:045-471-2521 FAX:045-471-2522