あんず薬局の取扱商品

営業案内

営業時間/10:00~18:00

定休日/日曜、第2土曜、祝日

  •  
  • 体質チェック
  • 健康機器測定
201607011429451971.jpg
 

新横浜店

   
 
 
オルタ薬局あんず 新横浜店
 
神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4
生活クラブ オルタナティブ生活館1F
〈TEL〉045-472-0016
〈FAX〉045-472-0442
 
 
 
 
 
〈営業時間〉 10:00~18:00
〈定休日〉日曜日・祝日・第2土曜日
 

あんず薬局の健康講座「はじめての中医学」「中医学応用講座」「中医学専門講座」

あんず薬局の健康講座「はじめての中医学」「中医学応用講座」「中医学専門講座」
 
201601251422101581.jpg
 
2022年度 短期
(7回)講座 
受講生募集
▶8月、10月~3月
(9月は講座がありません)
 
中医学 応用
 
詳しくは各講座名をクリックしてご覧ください。
 

駐車場代補助終了のお知らせ

駐車場代補助終了のお知らせ
 
平素はオルタ薬局あんず新横浜店をご利用いただきありがとうございます。
漢方相談のお客様に限り、駐車場代の一部を補助しておりましたが、
諸般の事情により、6月末日を持ちまして終了させていただきました。
ご利用の皆さまにはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 

2022秋の健康応援企画のお知らせ

2022秋の健康応援企画のお知らせ
 
今年もオルタ薬局あんず新横浜店の秋の健康応援企画実施します。
 
様々な企画の他にも
 
お手頃価格の商品もご用意いたします。
 
お楽しみに!!
 
 
 
 
 

長月になりました

長月になりました
 
稲穂が頭を垂れてきました。
季節は確実に過ぎています。
 
季節の移り変わりにからだは対応できていますか。
私たち人間も自然の一部です。
 
夏の疲れや不調を感じたときは私たちオルタ薬局あんずにご相談ください。
お電話でのご相談、ご注文も随時受け付けておりますので、
お気軽にお声がけください。
Tel:045-472-0016
 
 

薬剤師に漢方の考え方を聞いてみませんか

薬剤師に漢方の考え方を聞いてみませんか
 
 心や体の不調や病気は日常の
ちょっとした心がけが影響しています。
 
もっと元気になりたい方
自然治癒力を高めたい方
原因は分からないけど、不調を感じる方

病院へかかっているけど、

なんだかしっくりこないという方

 

薬剤師が随時相談を受け付けています。

日頃の健康について

ご一緒に考えてみませんか。

 

 <漢方が得意とする疾患>

更年期症状、生理不順、冷え、疲労

病後の回復、不安感

胃腸の不調、風邪、喘息

花粉症、皮膚のトラブル

子どものおねしょ、など、、、

 

お約束の日時でしっかり相談~予約漢方相談のご案内 10月、11月

お約束の日時でしっかり相談~予約漢方相談のご案内 10月、11月
 
オルタ薬局あんず新横浜店では、2022年4月より、薬剤師による予約漢方相談を開始いたしました。
お約束の時間でのご相談と漢方薬のご購入をご希望の方はご利用ください。
(予約なしでの相談も従来通り行っております)
初回は40分、2回目からは20分程度のご相談をおこない、生活アドバイスとともに漢方薬をご提供いたします。
お申込み、お問い合わせは店頭またはお電話で。
なお、当日申し込みの場合はお時間の確約ができませんので、前日までに申し込まれることをお勧めいたします。
 
また、予約漢方相談の特典としてご希望の方には次の二つをご用意しております。
①煎じ薬の試飲
②「生まれた日の五行から読み解く性格や本能」を解説
 
TEL 
045-472-0016
    
【10月の予定】
 10月  5日(水) 14:00~17:00
 10月14日(金) 11:00~14:00
 
【11月の予定】
 11月  2日(水)  14:00~17:00
 11月11日(金) 11:00~14:00
 
   ※ ご相談当日、お薬その他を3千円以上お求めいただいた場合は相談料無料です。
 ※ ご相談のみの場合は、相談料として3千円をいただきます。
 ※ 煎じ薬の場合は後日お渡し、または宅配となります。宅配料は実費ご負担をお願い致します。
 

ミニ講座のお知らせ

ミニ講座のお知らせ
 
毎日開催ミニ講座(完全予約制)
毎日*、ミニ講座を開催しています
 
11:00~・ 13:00~・ 15:00~ 1日3回 30分程度
①1回2名まで ②③1回1名 (事前予約制)
 
①お好きな天然精油を選んで、楽しく、簡単、手作り講座
スプレー(700円+税)・・・・マスク用やルーム用として。
・ロールオン(850円+税)・・・直接肌に塗れるセルフアロママッサージオイル。しっかり肌につけられます。
・ハンドクリーム(500円+税)・素材を替えて目的別にも。
血管美人による観察と両腕血流計測定(500円+税)
・血管美人:特殊スコープを使って、指先の毛細血管の状態を見られます。
・両腕血流計:血圧や血流などを測定できます。
③漢方的体質チェックシートを用いて、薬剤師が養生法をアドバイス(無料)
身体の声を聞きながら、体調をチェックします。いろいろな角度から養生法を薬剤師がアドバイスします。
 
*ご都合の良い日時をご予約ください。(予約漢方相談やアロマトリートメント施術などと重なるために講座を開催しない日もあります。詳細はお問合わせください。)
 
ご予約・お問合せ電話番号:045-472-0016
 
 

この商品、ご存じですか?

この商品、ご存じですか?
 
鎌倉まめや 黒豆茶
北海道産極小黒大豆を炒った黒豆茶
 
湯のみ茶碗などに大さじ1杯ほど黒豆を入れ熱湯を注ぎ、3,4分待つだけ。
綺麗な紫色の黒豆茶の出来上がり。
すっきりとした味です。
 
残った黒豆はそのまま食べてもよし、お米と一緒に炊いてもおいしくいただけます。
 
100g   324円(税込)
 
 
オーラシリーズ

冷えが加速する季節にピッタリ!!

 

オーラ繊維に使われているオーラストーンは今から数億年前、深海の海底火山が噴火し数千℃という高温で溶けたマグマが海水で急激に冷やされてできた多孔質の天然鉱石です。スパやエステの岩盤浴施設でも使用されています。天然鉱石で、豊富なミネラルを含み、遠赤外線を大量に放出します。オーラ繊維電気を使わず、自分の体温を利用して、からだを芯から温めることができる優れものsmiley

 

蓄熱キルト、足首サポーター、不思議なフェルトなど各種取り揃えております。

 

 
ようはいこう・ようはいこうのど飴

福岡県朝倉市の林農園さんが手塩にかけて育てたを使用し

国産生姜と国産蜂蜜を加え

一日かけてゆっく~り、じっく~りと煮詰めています

かわいい小瓶に入っている水あめのような黒い液体に生姜の風味がアクセントの

ようはいこう(1080円)

丸い昔ながらのあめ玉のようはいこうのど飴(518円)

 

 
北海道パンプキンシード(ロースト)

北海道産ペポカボチャの種をローストした

パンプキンシード(ロースト)はビタミンEや鉄、亜鉛、セレンなどを豊富に含み栄養満点!!

ヨーグルト、グラノーラ、サラダなどのトッピングや勉強や仕事の合間の小腹が空いたときに是非どうぞ

1日10gが目安です。1袋(100g)税込1296円 販売元:グリーンフラスコ株式会社

 

*ペポカボチャ:甘味のある西洋カボチャや日本カボチャなどとは違った品種。ヨーロッパやオーストラリアでは古くから種子を植物療法として治療に使用したり、油として利用してきました。

 

 
プロポリス入りマヌカキャンディ

ニュージーランドで薬木として利用されてきたマヌカの花から取れるハチミツを使っています。

MGO(食物メチルグリオキサール:抗菌物質)400+のマヌカハニーニュージーランド産プロポリスが入った、ピリピリ感を楽しめるキャンディです。(1000円)

風邪などが気になる季節の健康維持にお役立てください

 

 
深海からの贈りもの
スクアレンダイレクト
深海ザメの肝臓に含まれる肝油から抽出・精製したスクアレン。
100%天然由来成分・無添加で赤ちゃんからご年配の方までお使いいただけます。
家庭に1本常備して、スクアレンダイレクトに!
 
アルコール不使用芋焼酎粕エキス使用)で、酸化防止の特殊スプレー容器を使ったスクアレンです。
 
内用にも外用にも使用できます。
 

ハーバルエステティシャンによるアロマケアトリートメント・無料美容相談

ハーバルエステティシャンによるアロマケアトリートメント・無料美容相談
 
アロマケアトリートメントの予定 10月・11月
2022年4月よりアロマケアトリートメントの施術時間が従来通りに戻りました。
毎月第1金曜、第3水曜、第4月曜 13時~16時30分(最終受付)となります。
皆さまのご予約をおまちしております。
 
10月・11月の予定
 
10/7(金)  10/19(水)  10/24(月)
11/4(金)  11/16(水)  11/28(月)
 
 
オルタ薬局あんずのアロマケアトリートメントは今年で27年。
スタート時から変わらず、皆さまの美容と健康のために「健康な素肌づくりと体づくり」を応援しています。お仕事の疲れ、日常のストレス、体だけでなく心の疲労を感じたら、オルタ薬局あんずのアロマケアトリートメントを頼ってください。
東洋医学をベースにした手技と、漢方精油*の香りで心とからだを癒します。
施術は「フェイシャル整膚」を中心にマスクをしたままで受けていただける3コースをご用意しました。
新型コロナウイルス感染防止対策を十分にとり施術を行っております。
 
 
〈場所〉生活クラブ オルタナティブ生活館 2階

〈コース&料金〉
フェイシャル整膚&デコルテ・・・・・・・・・3,300円(税込)
フェイシャル整膚&デコルテ&小顔 45分・・・4,950円(税込)
フェイシャル整膚&上半身 60分・・・・・・・6,600円(税込)
 
ご予約は・・・045-472-0016(オルタ薬局あんず新横浜店)
 
*漢方精油・・・・漢方薬に使われる植物を原料にしたエッセンシャルオイル。漢方理論にのっとり〈君・臣・佐・使〉を考えたブレンドを用い、その方の体質・その日の体調に合ったブレンドで心身のバランスを整えます。
 
 
無料美容相談のご案内 10月・11月
お肌のトラブルに関する悩みなどありませんか。
ハーバルエステティシャンに無料でご相談いただけます。
お1人30分程度を予定しております。
 
お肌の悩み(乾燥・痒み・赤味・しわ・にきび etc.)
からだのケア(肩こり・眼精疲労 etc.)
ベリテ化粧品の使い方(オイル洗顔の方法、シルキーチーフの使い方 etc.)
メイクアップアドバイス(ポイントメイク etc.)
…等についてのご相談をお受けします。
 
 
開催日時: 13時~17時30分 ご予約をお願いいたします。アロマケアトリートメントの予約が優先となります。
      10/7(金) 10/19(水)  10/24(月)
      11/4(金) 11/16(水)    11/28(月)     
 
新型コロナ感染予防対策のため事前のご予約をお願いします。
お電話によるご相談にも対応致します。お気軽にお問い合わせください。
TEL 045-472-0016  FAX 045-472-0442
 

ハーバルエステティシャンのひとりごと

ハーバルエステティシャンのひとりごと
フォーム
 
春ですね。~ベーシックオイルについて
春、草木が芽吹き、花粉も飛びます。
この季節は鼻詰まり、目の痒みなどのアレルギー症状のほかにも、
溜まったものを排出する季節でもあるので皮膚にトラブルがでることもあります。
夜のお手入れに、ベーシックオイルを使用したオイル洗顔で、皮膚機能をアップさせましょう。
 
ここで伝えたいオイル洗顔とはお湯で洗い流せるオイル洗顔ではありません。
 
私がアロマケアトリートメントで行っている方法と同じ!
角質を傷めることなく皮脂バランスを整えられる洗顔です。
ベーシックオイルは伝統的に使われてきたオリザオイル、ホホバオイルなど数種類の植物オイルを配合、合成界面活性剤は使われていません。
 
オイル洗顔のポイントを詳しく知りたい方は、是非無料美容相談にお越し下さい。
 
キララパレットを使って アイメイク 
マスクで顔の半分は隠れています。
眉を整えて、アイホールにシャドーを入れ、目元の印象を変えてみませんか?
陰影をつけると目元が引き締まります。また、皮膚の乾燥や紫外線などから目を守ってくれます。
 
目の上の皮膚は薄いので強く押し付けたり、こすらないで目頭から目じりにすべらせるようにのせます。
2色以上のシャドーを合わせていくときは色が少しずつ重なるようにのせます。
 
 同色系の組み合わせ    対比系の組み合わせ    類似系の組み合わせ   
 ①あんずオレンジ     ①あんずオレンジ     ①たちばなオレンジ        
 ②こがねゴールド     ②たちばなオレンジ    ②こがねゴールド 
 ③こはくブラウン     ③るりブルー       ③わかばグリーン
 
歯の磨き方と顎のケア
私が毎日習慣にしていることをお知らせします。
 
歯科医師の中には「毎食後に歯磨きを」と言われる方もいますが、外出中などでできない時もありますね。
そんな時は帰宅してから歯を磨きます。歯磨き粉も使わないことがあります。
夜寝る前は歯ブラシを数種類使い、歯間の食べかすを除去し、歯茎も綺麗にするように磨きます。
歯磨き粉は食べ物と同じで体の中に入るので自然素材の品を選んでいます。
 
顎の体操は「口を大きく開けて、閉じる」を20回、この時上の歯と下の歯が触らないようにします。
更に「口を開けて舌を前にベーっと出す。」これを10回行っています。
こうすることで、顎の凝りやたるみを改善できます。
 
 
 
口の中
今日この頃はマスクに隠れてみえませんが、口と歯は食生活になくてはならないです。
また、口元は女性の魅力の一つでもありますね。
日本人は長生きになりました。生きている間はできるだけ自分の歯を使って食事をしたいものです。
食べ物を嚙むことができなくなると顔の形も崩れますし、女性にとってフェイスラインはシャープが素敵!
それには口の中のケアと顎のケアが大切です。
 
1
 

「いろは」でちょっとつぶやきます、、、

「いろは」でちょっとつぶやきます、、、
フォーム
 
~と~ 冬虫夏草
2020-08-06
http://www.anzu-kanpou.jp/files/content_type/type005/1181/202004061153039388.jpg

冬の間に虫や蛹に寄生して、その身体を栄養分として体内で菌糸を増やし、夏になると虫の殻を破って生えてくるキノコを冬虫夏草と呼んでいます。生きた虫にとりつき、その虫を殺して成長することから”殺虫キノコ”という別名もあります。その種類は世界中で500種類ともいわれており、現在も次々と新種が発見されています。どのようにして虫に寄生するのかまだまだ謎の部分も多くあるようです。

 

古くは秦の始皇帝が健康のために愛用していたとか、楊貴妃がその美貌を保つために好んでいたなどと言われています。中国の古典「本草綱目拾遺」*には無毒でたくさん食べても、長期間食べても害にならない上品薬に分類されていますが、たいへん高価なため一握りの高貴な人たちだけの不老長寿の妙薬として珍重されていたようです。

 

現在、日本ではスタミナ維持や滋養強壮によいと健康補助食品として流通しています。

スティックに入った冬虫夏草は味もマイルドにレモン味で飲みやすくなっています。

 

*本草綱目拾遺(ほんぞうこうもくしゅうい):1578年に完成した中国の古典薬学の基本書「本草綱目(ほんぞうこうもく)」に収載しきれなかったものを収めた本

 
~へ~ ヘナ
2020-07-19
http://www.anzu-kanpou.jp/files/content_type/type005/1181/202004061153039388.jpg

ヘナ(ヘンナ)はインドなどの熱帯に自生するミソハギ科の多年生植物です。高さ3~6mにも成長し、」秋の収穫期に根元の株を残しておくと、翌年も収穫できます。

 

ヘナを配合した天然原料の白髪染めの総称を一般的に「ヘナ」と呼んでいます。ヘナの葉の色素はローソンという赤色色素。単独では白髪はオレンジにしか染まりませんが、藍色のインディゴなどを加えることで2種類以上の色素が重なり、濃いブラウンに染まります。

 

日本ではまだ20年ほどの歴史しかありませんが、インドでは紀元前3000年頃から宗教的なボディペインティングとしてタトゥー、爪、眉などへ施したり、染毛剤、薬や防腐剤など様々な用途に使用されてきました。アーユルヴェーダでも万能薬として有名です。

 

ヘナで染めることにより、頭皮の毛根についた汚れや余分な皮脂も洗浄し、髪にツヤ・ハリ・コシを与えるトリートメント効果も期待できます。

 

グリーンノートのヘナは化学染料不使用の天然成分100%。また、エコサート(フランスに本部のある国際有機承認機関)認証も受けています。

 
~ほ~ 補〇
2020-05-28
http://www.anzu-kanpou.jp/files/content_type/type005/1181/202004061153039388.jpg

中医学(漢方)で「ほ」といえば、「補」

 

人間の身体は気血津液、陰陽五行などあらゆることにおいてバランスがとられていることにより健康が保たれています。そのバランスが1つでも不均衡になると体調を崩すことになります。過不足が生じている中で、何が足りなくなっているかを見極め、補う、それが「補」です。補充とか補習など馴染みのある言葉からも連想できますね。いくつかご紹介しましょう。

 

【補気(ほき)】足りなくなった「気」を補います。 

 豆類、イモ類、お米、卵など

「気」とはエネルギー。身体の中に取り込んだ、食べ物や酸素を全身に送る力。外界から身を守る力。身体の中の臓器をあるべき場所にとどまらせる力。など様々な働きがあります。不足すると疲れやすい、元気がない、息切れなどになります。

 

【補血(ほけつ)=養血(ようけつ)】不足している「血」を補います。 

 肉類、ナッツ、鮭、牡蠣、ナツメ、金針菜、ホウレン草、ヒジキなど

「血」は血液や栄養素を含んだもので、全身を流れ各器官に栄養や潤いを与えます。「血」が足りないと足がつる、目が疲れる、不眠などになります。

 

【補陽(ほよう)】「陽」を補います。 

 鶏肉、羊肉、クリ、ニラ、ネギ、モモ、エビ、マグロ、赤ワインなど

「陽」は気の働きの中でも、体温を維持する働きで、足りなければ、手足が冷えたり、寒気を感じやすくなります。

 

【補陰(ほいん)=滋陰(じいん)】「陰」を補います。 

 山芋、卵、クコの実、ナツメ、白キクラゲ、ユリ根など

「陰」は身体に必要な潤いのことです。気や血の不足により、のぼせやほてりなどを感じます。

 

【補脾(ほひ)=健脾(けんぴ)】働きの弱くなった「脾」を補います。

 山芋、お米、ハトムギ、カボチャ、キャベツ、レンコン、大根など

「脾」は取り入れた食べ物を消化、吸収し、全身に送り届けられるようにします。胃の働きと似ています。脾の働きが弱くなると、消化不良や食欲不振になります。

 

【補肺(ほはい)】働きの弱くなった「肺」を補います。

 白キクラゲ、白ゴマ、ナシ、ユリ根、ハチミツなど白い食物

「肺」は呼吸を行うことにより、濁れた気を吐き出し、清らかな気を吸い込み、身体に必要な気を作り生命を維持しています。肺は乾燥を嫌い、潤いを好みます。

 

【補腎(ほじん)】働きの弱くなった「腎」を補います。

 黒豆、黒ゴマ、クリ、ウナギなど黒い食べ物

「腎」は生命の源。両親からもらった生命力の「先天の精」と食べ物や空気から取りいれた「後天の精」があります。加齢とともに少なくなってきます。目のかすみ、耳鳴り、腰痛などがおこり、子どもでは発育の遅れとなります。

 

身体のバランスを整える様々な働きの漢方薬が中国三千年の歴史の中で生まれてきました。人はそれぞれ個性を持っています。体調もその時々で違います。その都度、自分の身体に向き合いながら未病を考えていきたいですね。

2
<<株式会社 ウエルライフ>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4 TEL:045-471-2521 FAX:045-471-2522