あんず薬局の取扱商品

営業案内

営業時間/10:00~18:00

定休日/日曜、第2土曜、祝日

  •  
  • 体質チェック
  • 健康機器測定
201607011429451971.jpg
 

新横浜店

   
 
 
オルタ薬局あんず 新横浜店
 
神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4
生活クラブ オルタナティブ生活館1F
〈TEL〉045-472-0016
〈FAX〉045-472-0442
 
 
 
 
 
〈営業時間〉 10:00~18:00
〈定休日〉日曜日・祝日・第2土曜日
 

あんず薬局の健康講座「はじめての中医学」「中医学応用講座」「中医学専門講座」

あんず薬局の健康講座「はじめての中医学」「中医学応用講座」「中医学専門講座」
 
201601251422101581.jpg
 
2022年度 短期
(7回)講座 
受講生募集
▶8月、10月~3月
(9月は講座がありません)
 
中医学 応用
 
詳しくは各講座名をクリックしてご覧ください。
 

駐車場代補助終了のお知らせ

駐車場代補助終了のお知らせ
 
平素はオルタ薬局あんず新横浜店をご利用いただきありがとうございます。
漢方相談のお客様に限り、駐車場代の一部を補助しておりましたが、
諸般の事情により、6月末日を持ちまして終了させていただきました。
ご利用の皆さまにはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 

ウインターキャンペーン始まります 12/3(土)~12/24(土)

ウインターキャンペーン始まります 12/3(土)~12/24(土)
 
ウインターキャンペーン始まります。
今年も日頃の感謝を込めてお値打ち価格でお届けします。
 
ご自分に必要な漢方薬や気になる商品など
お気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 

ミニ講座のお知らせ

ミニ講座のお知らせ
 
毎日開催ミニ講座(完全予約制)
毎日*、ミニ講座を開催しています
 
11:00~・ 13:00~・ 15:00~ 1日3回 30分程度
①1回2名まで ②③1回1名 (事前予約制)
 
①お好きな天然精油を選んで、楽しく、簡単、手作り講座
スプレー(700円+税)・・・・マスク用やルーム用として。
・ロールオン(850円+税)・・・直接肌に塗れるセルフアロママッサージオイル。しっかり肌につけられます。
・ハンドクリーム(500円+税)・素材を替えて目的別にも。
血管美人による観察と両腕血流計測定(500円+税)
・血管美人:特殊スコープを使って、指先の毛細血管の状態を見られます。
・両腕血流計:血圧や血流などを測定できます。
③漢方的体質チェックシートを用いて、薬剤師が養生法をアドバイス(無料)
身体の声を聞きながら、体調をチェックします。いろいろな角度から養生法を薬剤師がアドバイスします。
 
*ご都合の良い日時をご予約ください。(予約漢方相談やアロマトリートメント施術などと重なるために講座を開催しない日もあります。詳細はお問合わせください。)
 
ご予約・お問合せ電話番号:045-472-0016
 
 

初冬におすすめ 漢方薬&健康補助食品

初冬におすすめ 漢方薬&健康補助食品
 
漢方薬 第2類医薬品
201601251422101581.jpg
婦人宝(ふじんほう)、当帰養血精(とうきようけつせい)
 
生理不順や冷え症、貧血、肩こり、頭痛など
血虚(けっきょ)を伴う不調でお悩みの方におすすめです。
トウキをはじめ、センキュウ、オウギなど
9種類の生薬が配合された飲みやすいシロップ剤。
同じシロップ剤ですが、各メーカーがそれぞれ命名しました。
婦人宝は甘味控えめです。
 
 
 
 
健康補助食品
201601251422101581.jpg
海玉膏
 
厳選された和漢素材エキスをじっくり発酵させて、食べやすいペースト状に
自然の恵みと発酵食品ならではのやさしい風味です
10種類の生薬が配合されています。
 
●黄 精(オウセイ) ナルコユリの根茎
●枸杞子(クコシ) クコの実
●肉蓯蓉(ニクジュヨウ) ニクジュヨウの肉質茎
●人 参(ニンジン) オタネニンジンの根
●女貞子(ジョテイシ) トウネズミモチの果実
●陳 皮(チンピ) ミカンの皮
●桂 皮(ケイヒ) シナニッケイの樹皮
●海 馬(カイバ) タツノオトシゴ
 
 
 

初冬におすすめ お茶&簡単薬膳

初冬におすすめ お茶&簡単薬膳
 
ハーブティー
201601251422101581.jpg
棗美茶
 
なつめ、シナモン、ローズのブレンドティー
 
なつめの甘さとシナモンとローズの香りが格別です。
 
 
 
簡単薬膳
201601251422101581.jpg
山芋と黒きくらげスタミナ炒め
 
山芋   〈甘・平〉胃腸の調子を整え、気を補う。
黒きくらげ〈甘・平〉体に必要な気や血を補う。
 
材料
山芋      200g
黑きくらげ   5g
豚肉    50g
長ネギ 10cm
 
➀   山芋は食べやすい大きさにきって、さっとゆでる。きくらげは水に戻す。
豚肉は酒、塩コショウで下味をつける。 長ネギは細切りに
 
②フライパンにごま油を入れて、豚肉を炒め、色が変わったらお皿に取り出す
 
③ごま油を足し生姜の薄切りを炒める。香りがでたら山芋、きくらげを炒める
 
④調味料(酒大1、醤油小1、鶏がらスープ大3)を加え、豚肉、ネギを加える。
 
 
簡単薬膳
201601251422101581.jpg
黒豆ご飯
 
 白米〈甘・平〉胃腸の調子を整え強くする
 黒豆〈甘・平〉血の循環をよくする。むくみを改善する。
 
お米  2カップ
黒豆茶 大さじ2
酒   大さじ1
 
炊飯器に入れて通常の水を加えて炊くだけ。とっても簡単です。
 
 

初冬におすすめ 化粧品

初冬におすすめ 化粧品
 
化粧品
201601251422101581.jpg
カレンシア
 
乾燥が進むこれからの季節に欠かせない一品。
シアバター、コメ胚芽油、月見草オイル配合のリッチなオイルです。
精油を混ぜればオリジナルのアロマケアクリームが完成。
作り方、使い方はお気軽にお問い合わせくださいね!
 
 

薬剤師に漢方の考え方を聞いてみませんか

薬剤師に漢方の考え方を聞いてみませんか
 
 心や体の不調や病気は日常の
ちょっとした心がけが影響しています。
 
もっと元気になりたい方
自然治癒力を高めたい方
原因は分からないけど、不調を感じる方

病院へかかっているけど、

なんだかしっくりこないという方

 

薬剤師が随時相談を受け付けています。

日頃の健康について

ご一緒に考えてみませんか。

 

 <漢方が得意とする疾患>

更年期症状、生理不順、冷え、疲労

病後の回復、不安感

胃腸の不調、風邪、喘息

花粉症、皮膚のトラブル

子どものおねしょ、など、、、

 

この商品、ご存じですか?

この商品、ご存じですか?
 
鎌倉まめや 黒豆茶
北海道産極小黒大豆を炒った黒豆茶
 
湯のみ茶碗などに大さじ1杯ほど黒豆を入れ熱湯を注ぎ、3,4分待つだけ。
綺麗な紫色の黒豆茶の出来上がり。
すっきりとした味です。
 
残った黒豆はそのまま食べてもよし、お米と一緒に炊いてもおいしくいただけます。
 
100g   324円(税込)
 
 
オーラシリーズ

冷えが加速する季節にピッタリ!!

 

オーラ繊維に使われているオーラストーンは今から数億年前、深海の海底火山が噴火し数千℃という高温で溶けたマグマが海水で急激に冷やされてできた多孔質の天然鉱石です。スパやエステの岩盤浴施設でも使用されています。天然鉱石で、豊富なミネラルを含み、遠赤外線を大量に放出します。オーラ繊維電気を使わず、自分の体温を利用して、からだを芯から温めることができる優れものsmiley

 

蓄熱キルト、足首サポーター、不思議なフェルトなど各種取り揃えております。

 

 
ようはいこう・ようはいこうのど飴

福岡県朝倉市の林農園さんが手塩にかけて育てたを使用し

国産生姜と国産蜂蜜を加え

一日かけてゆっく~り、じっく~りと煮詰めています

かわいい小瓶に入っている水あめのような黒い液体に生姜の風味がアクセントの

ようはいこう(1080円)

丸い昔ながらのあめ玉のようはいこうのど飴(518円)

 

 
北海道パンプキンシード(ロースト)

北海道産ペポカボチャの種をローストした

パンプキンシード(ロースト)はビタミンEや鉄、亜鉛、セレンなどを豊富に含み栄養満点!!

ヨーグルト、グラノーラ、サラダなどのトッピングや勉強や仕事の合間の小腹が空いたときに是非どうぞ

1日10gが目安です。1袋(100g)税込1296円 販売元:グリーンフラスコ株式会社

 

*ペポカボチャ:甘味のある西洋カボチャや日本カボチャなどとは違った品種。ヨーロッパやオーストラリアでは古くから種子を植物療法として治療に使用したり、油として利用してきました。

 

 
プロポリス入りマヌカキャンディ

ニュージーランドで薬木として利用されてきたマヌカの花から取れるハチミツを使っています。

MGO(食物メチルグリオキサール:抗菌物質)400+のマヌカハニーニュージーランド産プロポリスが入った、ピリピリ感を楽しめるキャンディです。(1000円)

風邪などが気になる季節の健康維持にお役立てください

 

 
深海からの贈りもの
スクアレンダイレクト
深海ザメの肝臓に含まれる肝油から抽出・精製したスクアレン。
100%天然由来成分・無添加で赤ちゃんからご年配の方までお使いいただけます。
家庭に1本常備して、スクアレンダイレクトに!
 
アルコール不使用芋焼酎粕エキス使用)で、酸化防止の特殊スプレー容器を使ったスクアレンです。
 
内用にも外用にも使用できます。
 

ハーバルエステティシャンによるアロマケアトリートメント・無料美容相談

ハーバルエステティシャンによるアロマケアトリートメント・無料美容相談
 
アロマケアトリートメントの予定 12月・2023年1月
皆さまの美容と健康のために「健康な素肌づくりと体づくり」を応援しています。
お仕事の疲れ、日常のストレス、体だけでなく心の疲労を感じたら、
オルタ薬局あんずのアロマケアトリートメントを頼ってください。
 
東洋医学をベースにした手技と、漢方精油*の香りで心とからだを癒します。
施術は「フェイシャル整膚」を中心に、マスクをしたままで受けていただける3コースをご用意しました。
新型コロナウイルス感染防止対策を十分にとり施術を行っております。
 
毎月 第1金曜、第3水曜、第4月曜 13時~17時00分(最終受付)
 
12月・2023年1月の予定
 
12/2(金)  12/21(水)  12/26(月)
1/6(金)   1/18(水)   1/23(月)
 
 
〈場所〉生活クラブ オルタナティブ生活館 2階

〈コース&料金〉
フェイシャル整膚&デコルテ・・・・・・・・・3,300円(税込)
フェイシャル整膚&デコルテ&小顔 45分・・・4,950円(税込)
フェイシャル整膚&上半身 60分・・・・・・・6,600円(税込)
 
ご予約は・・・045-472-0016(オルタ薬局あんず新横浜店)
 
*漢方精油・・・・漢方理論で植物を捉えたエッセンシャルオイル。
漢方理論にのっとり〈君・臣・佐・使〉でブレンドされた複合漢方精油を用いて、心身のバランスを整えます。
 
 
無料美容相談のご案内 12月・2023年1月
お肌のトラブルに関する悩みなどありませんか。
ハーバルエステティシャンに無料でご相談いただけます。
お1人30分程度を予定しております。
 
お肌の悩み(乾燥・痒み・赤味・しわ・にきび etc.)
からだのケア(肩こり・眼精疲労 etc.)
ベリテ化粧品の使い方(オイル洗顔の方法、シルキーチーフの使い方 etc.)
メイクアップアドバイス(ポイントメイク etc.)
…等についてのご相談をお受けします。
 
 
開催日時: 13時~17時30分 ご予約をお願いいたします。アロマケアトリートメントの予約が優先となります。
                      12/2(金) 12/21(水)  12/26(月) 
      2023年 1/6(金)   1/18(水)   1/23(月)
 
新型コロナ感染予防対策のため事前のご予約をお願いします。
お電話によるご相談にも対応致します。お気軽にお問い合わせください。
TEL 045-472-0016  FAX 045-472-0442
 

ハーバルエステティシャンのひとりごと

ハーバルエステティシャンのひとりごと
フォーム
 
漢方薬局のオルタ薬局あんずはいつも全体をみています
“顔は全身をあらわしている縮図”
 
頸と顔を手でトリートメント整膚*をすると血流が良くなり、体はポカポカになります
また、顔の色も変わり皮膚も明るくなります‼
 
トリートメントを続けていくことで体調も整っていきます
前回つぶやいたお手入れに有効です
漢方精油も使えます
 
*整膚とは:指と体全体を使い皮膚をまんべんなく引っ張ることによって、皮膚にある経絡などに刺激を与えること
 
 
 
マスク生活も長くなりました、、、
新横浜店のハーバルエステティシャンが、日々感じていることを ひとりごと。。。
 
皮膚の表面には多くの常在菌が存在しています。
常在菌には日和見な菌もいますが、たくさんの役立つ常在菌と共存していることで、しっとりつややかにして皮膚を守ってくれているんです。
 
良い状態にあるとトラブルになりませんが、マスクで顔の半分をおおっている時間が長くなると、まるで長時間サウナに入っているような状態になってしまいます。
 
そしてマスクをとった後は急激に水分が蒸発して、皮膚が乾燥するとともに守ってくれている常在菌が減ってバランスが崩れ、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。
 
乾燥を防ぎ角質層を弱酸性*に保つためハーバルオイルベーシックでのお手入れをおすすめしています。
 
*皮膚は弱酸性(pH4.5~6.0)を保つことにより、有害な細菌の増殖を抑制して健康な皮膚を保っています。表皮がアルカリ性となり刺激に過敏になると湿疹やかぶれを起こしやすくなります。
 
 
3
 

「いろは」でちょっとつぶやきます、、、

「いろは」でちょっとつぶやきます、、、
フォーム
 
~は~ ハタケシメジ
2020-04-30
http://www.anzu-kanpou.jp/files/content_type/type005/1181/202004061153039388.jpg

いろは、、、の、、、は

 

ハタケシメジはホンシメジと同じシメジ属です。畑や林中、道端、庭など身近な場所に普通にみられます。

夏から秋にかけて、束になったものが重なって大群生となることもよくあるそうです。

 

漢字では畑占地・畑湿地です。群生するのを見かけるという意味で占める、また湿ったところで見かけるというのが漢字の由来です。京都で全国生産の8割を生産していることからスーパーなどでは「丹波しめじ」という商品名がついています。

 

ハタケシメジの傘は直径が2~10㎝、表面の色は淡灰色~褐色で細かい繊維紋があり、形は半円形または饅頭型ですが成長すると平に開き中央がややくぼんだ形になります。柄の長さは3~8㎝ほどで根元に行くほどやや太くなっており、菌糸が地中にもぐり、埋もれた枯れ木などにつながっています。歯ごたえがよく、シャキシャキしており、深い風味があるので、炊き込みご飯、汁物、煮物、和え物、炒め物などさまざまな料理に利用でき、食用キノコとして活躍しています。

 

ハタケシメジには、きのこの細胞壁に含まれるβ-グルカン(食物繊維の一種)がたっぷり!免疫賦活(免疫力を活性化して、身体を守る能力をアップする)作用があることで知られています。

 

・・・まさに、今でしょ⁈・・・

 

ということで、今日はハタケシメジ、ブナシメジ、赤ピーマン、ズッキーニをバターで炒めてみました。

ハタケシメジはブナシメジよりもほんとにシャキシャキしています!

 

薬食同源

 

美味しく健康づくりができました(^^♪

 
~ろ~ ローズマリー
2020-04-13
http://www.anzu-kanpou.jp/files/content_type/type005/1181/202004061153039388.jpg

芳香療法やハーブとしてお料理にもよく使われていますが、中国名及び生薬名*は迷迭香(めいてつこう)といい生薬**としても利用されています。触れるだけで香る、常に香るという意味です。細長い葉をこすると松に似た香りがします。

 

シソ科の常緑小低木。地中海沿岸原産で、水はけのよい日なたで育ちます。

和名はマンネンロウ 「永遠の青年」を意味する様に一年中青々とした葉を蓄えています。小さい花が咲いた姿も可愛いものです。

 

強い香りは「若返りハーブ」「記憶のハーブ」として認知症予防のアロマにも推奨されています。血流をよくする効果も期待されているので、リフレッシュしたい時や筋肉の緊張をほぐしたい時などの芳香浴にいかがでしょう。

 

また、肉や魚料理にスパイスとして加えると臭みがとれ美味しさが引き立ちます。薬膳では、身体を温める性質があり、辛味(しんみ)という発汗、発散を促す作用があるとされています。

 

あんず薬局のオリジナルハーブティー「ロイヤルブレンド」にはローズマリーが入っています。シナモン、ローズレッドも入っているので身体を温め、気持ちを落ち着かせてくれます。ホッと一息入れて頭をリフレッシュさせましょう。

 

ローズマリーは薬局の入り口で、いつも皆さまをお出迎えしています!

 

*生薬名(しょうやくめい)とは生薬としての名前

**生薬とは植物、動物、鉱物など自然界に存在しながら、薬効成分を含む物のことをいいます。

 飲みやすくするために乾燥させたり切断したりの加工はしますが、本来の形のままで使用します。

 
~い~ 医食同源(いしょくどうげん)=薬食同源
2020-04-06
http://www.anzu-kanpou.jp/files/content_type/type005/1181/202004061153039388.jpg

病気を治すのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じだということ。(広辞苑)

 

食生活は私たちの健康を支えるきほんですが、時として間違った食生活が健康を損なってしまうことがあります。

例えば、今はトマトやキュウリ等の夏野菜はお店に一年中ありますが、夏の野菜、特にナス科は身体を冷やす性質があり寒い時期に食べることにより、身体を冷やしてしまします。中医学ではそれを「薬食同源」といい、食べ物は薬であり、より食生活を基本に、なるべく季節にあった旬のものを中心に食事をすることが大切です。*

 

今が旬のウドは苦みのある山菜ですが、身体を温めて体内の余分な水分を排出する働きがあり、これにより痛みやこりを和らげる効果が期待されます。また、根茎は漢方薬につかわれている生薬の「独活(どっかつ)」です。冷えや湿度の影響による関節痛や頭痛などに用いられています。

 

ちなみに中国では薬食同源といっていましたが、1972年NHK「今日の料理」で薬では化学薬品を連想させるとして医食同源という言葉を使い始めたといわれています。

 

*「未病に克つ!」より引用

4
<<株式会社 ウエルライフ>> 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-8-4 TEL:045-471-2521 FAX:045-471-2522